光回線

マンションか一軒家に住んでいる場合にインターネット回線の選択肢として、光回線をまず考えるかと思います。

うちはまだ光回線にしてませんが、現在、光回線がどうなのか(特に費用)について調べてみました。

たぶん、いつかは光回線にする?でしょうからねぇ(^^)。

光回線の通信料金の比較

私が住んでいる地域における光回線の通信料金を調べてみました。

比較は一軒家で5年間使うとして毎月の支払い額の安い順です。

光回線料金比較

この結果より

1位:エキサイト光 ファミリータイプ 平均4,917円/月
2位:ビッグローブ光 ファミリータイプ 平均5,136円/月
3位:DMM光 ファミリータイプ 平均5,241円/月
4位:NURO 光 G2 V(戸建) 平均5,334円/月
5位:@nifty光 ホームタイプ 平均5,435円/月

なお、上記はキャッシュバック特典は考慮してません。

上記を見ると、長期間利用するなら「エキサイト光 ファミリータイプ」が一番お得なのがわかります。

だいたい、月に5000円ほどはかかりますね。

調べてみた感想ですが、料金が以前とあまり変わっていない感じがします。

ちなみに、マンションだと、この価格よりも1200円ほど安くなります。

一般的に光回線は2年縛りなので2年ごとに乗り換えるのが一番お得ですが、2年ごとの乗り換えは、面倒です。

また、回線が切り換わる時、インターネット回線に接続されない期間ができてしまいます。

こうなるとかなり不便になります。

もし、このような煩わしさを気にしないのであれば、2年ごとの切り換えがいいでしょう。

光回線のメリットとデメリット

光回線を利用する人は多いですが、光回線にはメリットとデメリットがあります。

<光回線のメリット>

・通信速度がADSL、LTE回線、Wimaxなどよりも高速で安定している

<光回線のデメリット>

・通信料金がADSLなどに比べると高い
・光回線の乗り換えする場合、時間がかかる

光回線のメリットは通信速度が速くて安定していることです。

そのため自宅に長時間いてインターネット回線をよく利用するのであれば、快適に使えます。

一方、光回線のデメリットは通信費用が高いことです。

一軒家だと月に最低でも5000円ほど、マンションだと3800円ぐらい。

今はモバイル回線なども使えるので、家にあまりいないような人だと、LTE回線やWimaxも選択肢の一つとなります。

たぶん、モバイル回線は必須でしょうけど、自宅に固定回線は今、必須ではありません。

なぜなら、家族全員がスマホを持っていれば問題ないからです。

光回線に乗り換える時の営業がうざい?!

光回線の事業者はいろいろありますよね。

勧誘もたくさんあります。

だから、とてもうざいですw。

なぜこれほどまでに営業がガンガン攻めてくるのか?

なぜなら、光回線はいったん契約を結べば毎月一定の料金が安定的に入ってきて、儲かるからです。

勧誘営業の多くは代理店によるものです。

代理店は契約を取れば、光回線の事業者から一定のインセンティブをもらえます。

一般的に光回線をいったん契約すると多くの人はそれを使い続けます。

月に5000円だとして、10年間だと

5000×12×10=60万円

ほどにもなります。

1000件の契約を取れば、

60万円×1000=6億円

です。

かなり大きな利益になることがわかると思います。

ただ、営業はうざいですので、営業経由では光回線にはしないほうがいいです。

光回線契約する場合のおすすめのやり方、価格.comなど信頼できるサイトを利用して自分で調べてから、契約することです。

この方が自分が納得して契約ができます。

もしわからない場合は、信頼できて光回線などに詳しい人に相談に乗ってもらうのがいいでしょう(*^o^*)。

まとめ

最近の光回線の通信料金が気になったので調べてみました。

昔に比べるとだいぶ安くなっていますが、まだまだ高いなって印象です。

それに今のようにモバイル回線が普及しているのであれば、LTEのモバイルwifiルーターなどを利用したほうがいいかもしれません。

たぶん、この方がコストが安く抑えられますからね。

ただし、固定回線が必用な人の場合は光回線にした方がいいかもしれません。

光回線にすると、固定回線も付けられるからです。

その他に、光電話のみでの契約も可能ですが、この場合、基本料金がネット+光電話の場合よりも高くなります。

実際に自宅回線をどうするかは、費用や使い勝手なども含め総合的に判断して決めるといいでしょうね(*^o^*)。

関連記事