3000円

格安simを利用する最大の理由は、

「通信料金を安くすること」

です。

ただし、安くするにしても限度があります。

「いつでもどこでも、無料でインターネットを利用できたらいいのに…」

と思うかもしれませんが、それはやはり無理ですw。

通信料金をケチるならバイトをして稼ぐ方がよい

大手キャリアの通信料金は、はっきり言って高いです。

そして、通信料金を安くするための手段の1つが、大手キャリアから格安simに乗り換えることです。

ただし、あまりにも通信料金を安くしようとして、

・データ容量が最低のプランにする
・わけのわからない格安simにする
・無料のwifiだけを使う
・etc

をしてしまうと、かえって不便になってしまいます。

個人的には、格安simに乗り換えて、月額費用が3000円以下で済むのであれば妥当な金額かと思います。

例えば、私が利用しているNifmoなら、7GB音声simプランで、2300円(税込み)で済みます。

もし、

「月3000円出すのも大変だ」

というのであれば、バイトをするなどして月3000円を稼いだ方がいいでしょう。

時給1000円のバイトをすれば、3時間で3000円が稼げます。

「時間がなくてバイトができない」

というのであれば、インターネットを利用しても稼ぐことができます。

3000円ぐらいであれば、ブログ記事やユーチューブ動画を作っても稼げるはずです。

購入する端末代を安くするためには、中古を買う

ネットショップ

大手キャリアを利用している人の多くは、

「端末が安く買えるから、利用している」

という人も多いですよね。

ですが、いくら安く端末が買えるといっても2年契約しないといけません。

通信料金を考えると、結局、かなりのお金がかかってしまいます。

購入する端末代を安くするための方法として私がオススメするのは、

「中古端末を買うこと」

です。

中古端末といっても、新品同様のものもありますし、新古品といって一度も使ったことがない端末もあります。

特にiPhoneは高額なので新品を買うよりも中古品を買った方がお得です。

中古といっても使っていれば結局、中古になるのでこだわる必用はそれほどないと思いますよ^^。

中古のスマホはどこで買うのがいいか?

中古のスマホを扱っている店は、ネットで検索すればたくさん見つかります。

でも、どこを選ぶのがいいのでしょうか?

中古スマホ店を選ぶポイントはこちら。

・大手が運営していて信頼できる
・端末保証がついていて安心できる
・店舗がある店を選ぶと見たり触れられる

この3点がすべて満足できる中古スマホ店であれば、買って失敗することはまずありません。

中古スマホ店の他にオークションやメルカリなどを利用して、個人間での取り引きもできます。

ただ、トラブルがあった時に泣き寝入りするしかないことが多いので、このようなリスクを承知でオークションやメルカリなどを利用した方がいいです。

まとめ

携帯電話やスマホを使うのが当たり前の時代となり、水道代、電気代などと同じように毎月通信料金がかかるようになりました。

大手キャリアを利用している人だと、1万円を超えるのも珍しくありません。もし、家族がいるとさらに負担は増えてしまいます。

だから、通信料金を節約したいなら格安simへの乗り換えはおすすめです。

ただし、あまりにも通信料金をケチってしまい、モバイルライフが不便になったり、イライラしてしまうのでは、意味がありません。

ある程度の満足度を維持しながら、通信料金の節約するのがベストです。

もし、月に3000円程度でも払うのが大変ならバイトなどで、お金を稼いでそれを通信料金の支払いに充てた方がいいでしょう。

今の時代、いろいろな方法でお金は、稼げますからね。その方が充実したネットライフを送れますよ(*^o^*)。

関連記事