wifiスポット

今、いろいろなところでwifiがフリーで使えるようになっています。

でも、

「全然つながらないな」

「遅すぎて使いものにならない」

って思ったことはないでしょうか?

屋外のwifiスポットがつながらない理由

屋外のwifiスポットがつながらない理由は明かです。それは、

「回線が細いから」

です。

つまり、回線が細いのに利用者が多いために、通信速度がもの凄く遅くなっているんです。

例えば、一人しか回線にアクセスしてない時に100Mbpsの通信速度が出るとします。

でも、公衆回線だと不特定多数の人が同時にアクセス可能ですので、

10人が同時アクセス ⇒ 100/10=10Mbps
100人が同時アクセス ⇒ 100/100=1Mbps
500人が同時アクセス ⇒ 100/500=0.2Mbps
・・・

という感じになります。

wifiスポットがどれぐらいの回線速度で運用されているかわかりませんが、無料で提供しているため、それほど太い回線ではないはずです。

ですので、屋外のwifiスポットはとても遅いです。

私が屋外のwifiスポットを使った経験

私も何度か屋外のwifiスポットを使いました。

使ったのは、イオンモールとか、観光地のwifiスポットなどです。

でも、遅過ぎてほとんど使いものになりませんでしたw。

「同時に多くの人がアクセスしているのかな?」

と思いましたが、常に使いものにならないのです。

たぶん、回線が細いだけではなく、ろくにメンテナンスもされてなくて放置状態なので、ネットワークに問題があったり、インターネットにつながってないこともあるのかと思います。

やっぱり、無料なんで人もお金もかけてないんですよね。

屋外の無料wifiは、とてもストレスがかかるので使わない方がマシですw。

常に高速な通信環境を手に入るための方法

スマホとお金

「高速な通信回線でインターネットにアクセスしたい」

誰でもこう思いますよね。

もし、このようなインターネット環境を手に入れたいなら、お金をかけるのが手っ取り早いですw。

少なくとも大手キャリアを使ったり、wimaxやポケットwifiのような通信サービスであれば、ほぼ満足できるインターネット環境が手に入ります。

だから、ストレスフリーですw。

ただ、

「お金をかけずに高速な通信回線を手に入れられないか?」

って思っちゃいますよね。

今なら格安simを利用するしかありません。

ただ、格安simの欠点は通信速度が常に安定して高速ではないことです。

UQモバイルやY!mobileなどのサブブランド以外の格安simは、1日の中で通信速度が速い時間と遅い時間があります。また、契約者数の変化により通信速度が日々変わります。

ですので、常に高速な通信環境を手に入れたいなら、お金をかけるしかありません。

今の日本ではこれが現実です。

まとめ

屋外のwifiスポットは遅いのが当たり前なので、使わない方がいいと思います。

むしろ、wifiスポットを使うなら有料のものがいいでしょう。

有料のものならメンテナンスや管理がされているので、無料wifiのように遅くないです。

ただ、有料wifiでも結局、多くの人が使うと混んでしまうので遅くなりますがw。

今は4G(LTE)ですが、5Gになるとさらに通信速度が速くなるために、今よりも通信速度は速くなるはずです。

そうなれば、格安simでも十分に通信速度が速くなると思いますよ(*^o^*)。

関連記事