iphone8

日本では、多くの人がiPhoneを使っています。

iPhoneの日本でのシェアは約70%ほどです。

これは、世界でも珍しいくらい高いシェアです。

iPhoneの生みの親であるアメリカでさえシェアは50%ちょっとですからw。

なぜ、これだけ日本でiPhoneが人気があるのでしょうね。

たぶん、スマホが流行りだした時にiPhoneが選択肢として最も魅力的だったためだと思います。

そして、それが今でも続いているんです^^。

iPhoneは大手キャリアから買うのとAppleから買うのとどちらが得か?

iPhoneを使いたい場合、購入の仕方はいろいろあります。

一般的には、

1、Appleから直接購入する
2、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から購入する

の2種類です。

どちらが、得なのでしょうね。まずは、実際にどれぐらい費用がかかるか比べてみましょう。

<条件>
・購入端末 iPhone8 Goled 64GB
・利用期間 2年間(MNP)


1、Appleから直接購入する場合の費用

アップル

Appleから購入するには、Appleの販売店から購入するかネットから購入するかのどちらかです。

①本体価格
Appleのウェブサイトから購入すると、

本体価格:78800円(税別)=85104円(税込み)

となります。

②通信料金

格安simを2年間利用するとします。

価格.comの格安simプランの比較で調べるとNifmoの「音声通話対応 7GB」プランが最安で

1ヶ月の通信料金の合計:2484円/月

12ヶ月の通信料金の合計:2484×12ヵ月=29808円

これ以外に格安simと契約する時に必要な費用として、

事務手数料=3000円

がかかります。

Nifmoを2年間利用した時の費用の合計:29808+3000=32808円

③APPleで購入したiPhone8を2年間格安simで使用した場合の総合計料金

本体価格+Nifmoを2年間利用した時の費用の総合計=85104+32808=117912円

この金額は、さらに購入場所やキャンペーンを利用すると安くなります。

例えば、今ならAmazonから購入すると事務手数料が無料なので、

総合計額は114912円です。

またNifmoのキャンペーン(不定期)を利用すると、さらに安くなります。

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から購入する

ソフトバンク

大手キャリアから購入するには、キャリアの店舗や代理店、または、ネットから購入するかです。

ここでは、ソフトバンクのウェブサイトから購入するとします。

*ソフトバンクを比較対象として選んだのは、大手キャリアの中ではもっとも購入価格が安いと思われるからです。

①本体価格

機種代金 24回分割(合計)4420円×24ヵ月=106080円
月月割(最大総額) -3210円×24ヵ月=-77040円

実質負担額(総額) 1210円×24ヵ月=29040円

②通信料金

ホワイトプランの基本料:934円
ウェブ使用料:300円
データプランはパケットし放題フラット for 4G LTE 7GB:5700円/月

1ヶ月の通信料金の合計:934+300+5700=6934円

2年間の通信料金の合計:6934×12ヵ月=83208円

さらにソフトバンクとの契約手数料がかかります。

なので、通信料金の総合計=83208+3000=86208

③ソフトバンクで購入したiPhone8を2年間使用した場合の総合計費用

本体価格+2年間の通信料金=29040+86208=115248円

となります。

Appleと大手キャリアで購入し、2年利用した時の比較結果

APPleで購入したiPhone8を2年間格安simで使用した場合の総合計料金

=117912円

ソフトバンクで購入したiPhone8を2年間使用した場合の総合計費用

=115248円

差額=117912-115248=2664円

結果 ⇒ ソフトバンクから購入した方が2664円安くなる

一見、大手キャリアから購入した方が安いように思えます。

しかし、前にも書いたようにAmazonからNifmoの格安simを購入すると、事務手数料(3000円)が無料なので、逆転してしまいます。

また、Nifmoのキャンペーンを利用すればさらに安くなる可能性があります。

あと、今回、Nifmoの7GBで契約することを前提にしました。なぜなら、ソフトバンクとのパケット定額契約が7GBしかないからです。

あまり、データを使わないで3GBで十分ならかなりもったいないです。

もし、Nifmoで3GBのプランで契約すると、通信料金は月額1728円なので、

12ヶ月の通信料金の合計=1728×12=20736円

となり、Nifmoで7GBで契約するのに比べて

29808-20736=9072円

安くなります。

すると、ソフトバンクで購入するよりもAppleでiPhone8を購入して使った方がお得ということになります。

結論としては、「大手キャリアからiPhoneを購入せずに、Appleから購入すべき」ということです。

*今回は、最新機種のiPhone8の購入の場合で考えましたが、旧機種でも同じことです。むしろ、旧機種ならさらに大手キャリアで買う方がコスト高です。

私がiPhoneを購入しない理由

私も以前、iPhoneを使ってました。

アンドロイドよりもシンプルで使いやすさは、初心者向けだと思います。

しかし、今のところiPhoneを使う気はないです。

理由は、端末価格が高過ぎるからです。

アンドロイドなら端末の種類が多いので、競争が激しいため安く買えますが、iPhoneだとアップルが独占的に製造しているため競争がないので、値段がいつでも高いままです。

もし、iPhoneが安く買えるなら新機種を使ってみたいと思いますけどね。

iPhoneとアンドロイドを使っていて、どちらでも普段使うのに不便なことはないですね。

どちらも大差ないです。

ただ、iPhoneのいいところとして、Appleのサポートの良さがあります。

保証期間であれば、交換や修理が無料だし、丁寧です。

まあ、逆に言えば、費用が高いがサポートは手厚いということなのでしょう。

お任せとか至れり尽くせりとかが好きな人向けかもしれません^^。

まとめ

iPhoneを購入する場合、大手キャリア(ドコモ、au、SoftBank)よりも、Appleから購入したほうがコスパはいいです。

それにAppleからiPhoneを買えばsimフリーなので自由度が高いですし。

ただ、個人的にはiPhoneXも販売されるんだから、iPhone8よりもこっちのほうがよいかなとも思ってしまいますね。

もちろん、iPhone Xは、iPhone8以上に高いのですが、どうせ高いのだからより高品質なほうがいいかなと(*^o^*)。

関連記事