iPhoneと本

日本で一番利用されいるスマホは何か知ってますか?

それは、iPhoneです。

ある調査によるとiPhoneのシェアは55.5%です。

スマートフォンのシェア

参考:「携帯電話の料金その他の提供条件」に関する現状と課題

やっぱり、iPhoneって人気があるんですね~。

実は私、今アンドロイドを利用していますが、以前iPhoneを利用してました(*^o^*)。

iPhoneを中古で購入して、格安simで利用するには?

iPhone

これからiPhoneを利用するなら、大手キャリアで購入するよりも、自分でiPhoneを購入し、格安simを契約するほうがいいでしょう。

理由は、その方がトータルコストが安くなるからです。

今回は、iPhoneを中古で購入し格安simで利用することを考えます。

なぜ中古かというと、中古の方が安いからです。新品のiPhoneはやはり高いw。

流れはこちら。

1、格安simで利用可能なiPhoneの機種を調査
2、中古で購入するiPhoneの機種を選択
3、iPhoneの中古価格を調査し購入
4、購入する格安simの仕様(データ容量や音声simかデータsimかなど)を決定
5、格安simを比較して1つを選び、格安simと契約

です。

1、格安simで利用可能なiPhoneの機種を調査

まず、格安simで利用可能なiPhoneの機種を調べます。

調べるとわかりますが、使えるのは、こちら。

・iPhone 5c
・iPhone 5s
・iPhone 6
・iPhone 6Plus
・iPhone 6s
・iPhone 6sPlus
・iPhone SE
・iPhone 7
・iPhone 7Plus
・iPhone 8
・iPhone 8Plus
・iPhone X

です。

これよりも古い機種でも使えることがありますが、今、現実的に利用するとしたらiPhone 5c以後の機種を選ぶのが無難です。

2、中古で購入するiPhoneの機種を選択

購入機種をどれを選ぶかは、個人の好き好きですw。

価格と性能のバランスを考えるとiPhone6かiPhone7でしょうか。

iPhone 8、iPhone 8Plus、iPhone Xはまだ発売されたばかりです。

中古もほとんどないでしょうし、あったとして価格が高過ぎますw。

3、iPhoneの中古価格を調査し購入

iPhoneの中古価格を調査しする場所はいろいろあります。

ネットで買うなら、主なものは下記です。

1、ヤフオク
2、価格.com
3、ネット通販

1のヤフオクは、個人または業者から購入することになります。

ヤフオクの一番のメリットは、安く買える可能性があることです。

しかし、購入するまでの時間は店舗などで購入するよりかかります。

2の価格.comは、中古スマホの検索ができて価格の比較もできます。

製品の状態(Sランク~Dランク)により価格が異なります。価格は高いですが、Aランク以上を選べば、満足度は高いと思います。

3のネット通販は、いろいろあります。

・アマゾン
・楽天
・ドスパラ
・ソフマップ
・じゃんぱら
・ゲオモバイル
・イオシス
・etc

最も手軽なのは、2の価格.comです。価格を比較して買えるので、手間がかかりません。

中古iPhoneを購入する時に特に気を付けるべきことは、「信頼できる人や会社から買う」ということです。

できれば、名の通った会社から購入した方がいいでしょう。

その方がトラブルに巻き込まれる可能性が少ないですからね。

4、購入する格安simの仕様(データ容量や音声simかデータsimかなど)を決定

これは個人の使い方により決めます。

まず、決めないといけないのがこちら。

・データ容量
・音声simかデータsim(SMS付きorなし)
・オプションの有無(電話かけ放題、カウントフリーなど)

もし、ネットをそれほど利用しないならデータ容量は1GBでいいでしょう。

わからなければ、とりあえずデータ容量は3GBにしておくといいでしょう。

データ容量は利用したあとでも変更できますからある程度適当に決めても大丈夫です。

格安simを比較して1つを選び、格安simと契約

通信費用の比較は価格.comを利用して行います。

また、この他に、評判、通信速度、キャンペーンなどを比較することで、自分に合った格安simを1つ選びます。

格安simの比較の具体的なやり方については、当サイトで紹介しているのでそちらを参考にしてみてください。

中古のiPhoneを購入する時の注意点

中古のiPhoneを購入する時に注意しないといけないことがあります。

それは、

1、白ロムであるかどうか
2、ネットワーク利用制限されてないかどうか
3、アクティベーションロックがかかってないかどうか

です。

1、白ロムであるかどうか

白ロムとは利用者情報消えていて、端末未払いなどがなく、盗品でもない中古品です。

もし、白ロムじゃない場合、購入しても利用できません。

ただ、まともな店から買えばこのような問題はまずありません。

個人や小さな店舗から購入する時には注意が必要です。

また、ヤフオクなどでiPhoneを購入する場合は、購入前にネットワーク利用制限がないかを確認しておくといいです。

2、ネットワーク利用制限されてないかどうか

もし、ネットワーク利用制限されていると、大手キャリアのネットワークを利用できません。

ネットワーク利用制限される端末は、端末未払いや盗品など何らかの問題がある端末です。

ネットワーク利用制限を調べるためのサイトはこちら。

ドコモのネットワーク利用制限端末確認サイト

auのネットワーク利用制限端末確認サイト

ソフトバンクのネットワーク利用制限端末確認サイト

上記のサイトにアクセスして、端末のIMEI番号や製造番号を入力することでネットワーク利用が制限されているかどうかを調べることができます。

3、アクティベーションロックがかかってないかどうか

アクティベーションロックとは、盗難などで第三者の手に渡ってもiPhone内のデータを安全に守る仕組みです。

アクティベーションロックされていると、初期化したとしても前の所有者のAppleIDとパスワードを入力しないと、起動させることができません。

そのため、中古のiPhoneを購入する前にはアクティベーションロックされているかどうかを確認することが必要です。

もし、ロックされているならロックを外してもらう必要があります。

iPhoneは日本でなぜ人気があるのか?

iPhoneは日本で絶大な人気を誇ります。

しかし、世界では日本ほど人気がありません。

IDCによる世界のスマホのマーケットシェアがこちら。

1位:サムスン
2位:アップル
3位:Huawei
4位:OPPO
5位:vivo

クリックすると拡大します。

Worldwide Smartphone Company Market Share

これを見ると、アップルのシェアは、2017/Q1において14.5%に過ぎません。他のメーカーはほとんどアンドロイドです。

他の国々に比べて、日本でのアップルのシェアが異常なほど高いのがわかります。

なぜ、これほど日本でiPhoneが人気なのか。

私が考える理由はこちら。

1、iPhoneのブランドイメージがアンドロイドより高い
2、多くの人が使っているから安心感がある
3、アップルだけが販売しているのでわかりやすい
4、サポートが手厚い(いわゆる神サポート)

まず1ですが、最初にスマホが登場した時、iPhoneは衝撃的でした。どこのスマホよりも、かっこよくてスマートだったんです。

そのイメージはいまでもあります。

今ではアンドロイドも高性能で高品質になりましたが、まだiPhone神話が残り続けています。

次に2。iPhoneを周りの人が使っているので、「iPhoneにしておくのが無難だ」と思いがちです。あえて冒険をしないという、日本人気質が反映しています。

次に3。アンドロイドはいろいろな会社があってわかりにくいです。それに比べてiPhoneはアップルだけが販売していてわかりやすいです。

スマホに詳しくない人はシンプルなほうを選びやすくなります。

最後に4。アップルは保証期間で壊れたりすると、サポートが手厚いです。サポートに連絡すると、丁寧に対応してくれて、壊れても新品と交換してくれます。これがサポート好きの日本人には安心感、好感を持たれます。

私は元iPhoneユーザーですが当初、iPhoneを購入するつもりはありませんでした。

アンドロイドを買うつもりだったんです。

しかし、iPhoneについて調べてみたら、思っているより安く買えたしブランド力に惹かれてiPhoneを買ってしまいましたw。

そして、実際にiPhoneを使ってみると、アンドロイドに比べると使いやすかったです。

それに、見た目も美しいんですよね。さすがによく考えられています。

今はアンドロイドですがiPhoneを使い出すとiPhoneでいいと思ってしまうでしょうね^^。

日本のスマホがシェアベスト5に入ってないのは寂しいこと

先ほどの、世界のスマホのマーケットシェアを見ると、日本のメーカーは一社も入ってません。

たぶん、日本ではソニーがトップシェアだと思いますが、世界から見るとソニーも弱小スマホメーカーです。

これって寂しいですね。物作りなら、世界一だった日本はどこに行ってしまったんでしょう。

今後、復活できるかどうか。現状を見てみると、しばらくは無理そうです。

そして、特筆すべきは、中国メーカーの台頭。

マーケットシェア3位~5位はすべて中国メーカーです。

10年前には考えられなかったのですが、今や中国の勢いは凄いし、本物です。

サムソンもアップルも油断していたら、中国に足をすくわれるでしょう。

スマホの進化は留まることを知りません。そのうちAIも搭載されてくるでしょうし、スマホが情報端末だけでなく、家電制御など生活のあらゆる面で利用されるようになりそうです。

スマホの進化は楽しみですがついていくのは大変そうです^^。

まとめ

iPhoneを中古で買って格安simで利用すること。

これは、スマホライフとして賢いやり方だと思います。

新品じゃなきゃダメとか、大手キャリアじゃなければ、こういう考えだとコスパが悪くなってしまいます。

特に日本ではiPhoneが人気です。新品とか新機種が買えれば言うことないですが、懐が寂しいとそうはいきませんからねw。

また、大手キャリアはサポートも充実していて使って安心ですけど、毎月高額な通信料金を払うのは大変です。

これからは、働かない人がどんどん増える時代。結果的に使えるお金は限られます。

だとしたら、通信費用もできるだけ抑えないといけないでしょう。

格安sim、あって良かった(*^o^*)。

関連記事