中国国旗

日本で利用されるスマホで最も多いのがiPhoneです。

その他にはSonyのXperiaが人気です。

しかし、ここ最近、安いスマホがたくさん発売されるようになりました。

いわゆる格安スマホです。

格安simとセットで販売されることもあり、多くの人が購入するようになっています。

格安スマホは中国製以外はないのか?

安い商品というと、「それ、中国製でしょ?」と言われることは多いですよね。

実際に、安い服のタグを見ると「Made in China」ってなってたりしますw。

では、格安スマホはどうなんでしょうか?

楽天モバイルで販売されている格安スマホについて、メーカーを調べた結果がこちら。

・HUAWEI ⇒ 中国
・ZTE ⇒ 中国
・ASUS ⇒ 台湾
・FUJITSU ⇒ 日本
・SHARP ⇒ 日本(ただし、シャープは台湾の鴻海精密工業の子会社)

確かに中国や台湾などのいわゆる中華圏の会社が多くなっています。

この理由は、

・スマホの価格が比較的安い
・simフリー対応である

ためです。

日本の製造メーカーは、大手キャリア用にスマホを作っていたために、いわゆる格安スマホに対応したものは、あまり作っていませんでした。

しかし、ここ最近は、格安スマホで利用できるsimフリー対応のスマホも作るようになってきています。

ただし、コストパフォーマンスは中華圏の会社が勝っています。

中国製のスマホの実力は?

スマートフォン

格安スマホで人気があるのはHUAWEIやZTEやASUSなどのメーカーのスマホです。

価格が手ごろなのに品質は、かなり高くなっています。

昔、中国製のスマホは質がとても悪かったんですが、今は違います。

これは、中国自体の技術力が向上したこともありますし、中国の会社自体が中国人だけではなく、日本人など外国人技術者も雇っているためでもあります。

以前、中国は製造だけやってましたが、今では、中国で設計から開発まですべてやっています。

AppleのiPhoneだって製造は、中国です。設計はアメリカでしょうけどね。

実は、私が使っているスマホも中国製(HUAWEI)です。

半年近く使っていますが、デザイン、使い勝手、性能、全てにおいて特に不満はないし、日本製のスマホと遜色ありません。

むしろ、今、日本でスマホの設計をやっているところなんてありませんw。

日本の大手の会社は企画だけをやって、あとは、外部へ丸投げしているからです。

日本でやるのは、できてきたスマホの品質チェックだけです。仕様通り作られているかを確認して、問題があれば作り直させているんです。

格安スマホを安く購入するには、どうすればいいか?

スマホとお金

格安スマホを購入する方法はいろいろあります。

どれがいいかは、一概には言えません。

その都度、価格を比較して購入するのがいいでしょう。

私がおすすめする買い方はこちら。

1、価格.comで価格を比較して購入
2、アマゾンで価格が安い時に購入
3、ヤフオクで入札して購入
4、海外通販サイトで購入
5、大手家電量販店サイトで購入

以上の5つです。

ちなみに私は2の方法で今使っているスマホを買いました。

格安simとの抱き合わせで購入する方法もありますが、結局月賦払いなので私はおすすめしません。

ただし、手元に資金がない時には便利だと思いますけどね。

まとめ

格安スマホを作っているのは中国のメーカーが多いですが、すべてではありません。

日本のメーカーも作っています。

でも、日本製でもすべて日本で製造しているのはほぼないと思います。

例えば、基盤は中国で作り、組み立てと検査は日本でやるなどして、コストを下げているからです。

今でも「日本製じゃなければダメだ」と思っている人は多くいると思いますが、家電をはじめとする電気製品のほとんどは中国とかアジア諸国で作られています。

スマホなどの精密機器にしても、それは例外ではなくなってきてます。

個人的にはどこで誰が作ったかよりも、作ったものが本当に自分を満足させるかどうかが大事だと思います。

もちろん、以前は中国製なんかダメだろうなって思ってたんですけどね。時代は変わりました。

日本も設計や製造で頑張って欲しいとは思いますが、人口減少による人出不足が進んでいるので厳しいかもしれませんね。

関連記事