スマホと女性

simフリーのスマホがよく利用されるようになったのは、ここ最近です。

でも、中には長年simフリーのスマホを使っている人もいるでしょうね。

海外などでは、simフリーのスマホが出回っていましたから、海外旅行で購入したり海外の通販サイトで購入することはできました。

ただ、長年スマホを使っていると古くなってきたり、使いづらくなることもあります。

このような時は新たにsimフリーのスマホを購入することになります。

でも、その時に古いスマホに入っているsimはそのまま使えるのでしょうか?

格安simは、別のスマホに差し替えて使うことができる

古いsimフリースマホAを使っいて、新しいsimフリースマホBを購入。

古いsimフリースマホAの中に入っている格安simを取り出し、それを新しいsimフリースマホBに入れ替え。

この場合、ちゃんと動くのか?

答えは、問題なく動きます。

なぜなら、格安simは、機種依存などはありませんから。simフリーのスマホならどんなスマホでもタブレットでも大丈夫です。

ただし、気を付けないといけないのは、simのサイズです。

simのサイズは3種類あります(「格安simとは、いったい何なのか?」を参照)。

サイズが違うと入りません。

ですので、新しいsimフリースマホBを購入する時に、今すでに使っている格安simのサイズが入るかをチェックしてください。

simカード変換アダプターを使うとsimのサイズを変えれる

simカード変換アダプター

simカード変換アダプターという道具があります。

これは、simカードのサイズを変えることができるという優れものですw。

ただし、変えられるのは、

小さなsimカード ⇒ 大きなsimカード

です。

逆は当然ながらできませんw。

詳しく書くと、

3種類のsimカード(標準simカード、microsimカード、nanosimカード)があるとして、

・microsimカード変換アダプター:microsimカード ⇒ 標準simカード
・nanosimカード変換アダプター:nanosimカード ⇒ 標準simカードまたは、microsimカード

です。

simカード変換アダプターの価格ですが、安いものは50円ぐらいからあります。

アマゾンなどで「simカード変換アダプター」で検索すればすぐ見つかるでしょう。

simカードの取り扱う場合、静電気に注意

静電気

simカードの取り扱いはどうやってますか?

まさか素手でさわっていないでしょうねw。

simカードはメモリーカードです。この中に情報が入っています。

もし、静電気を帯びた手でさわると電流が流れてsimの中のデータが破損してしまう可能性があります。

ですので、触る時には絶縁された手袋を付けて触ったり、電気を通さない物質(木製、プラスチックなど)のピンセットを使ってsimにさわるようにします。

特に注意が必要なのは冬です。

なぜなら、冬場は身体に静電気がたまりやすいからです。

また、simカードの出し入れで注意しないといけないのが接触不良です。

simカードは小さなものなのでスマホに挿入する時に少しでもずれてしまうだけで、接触不良になります。

このような状態でスマホの電源を入れても、カードが入ってないと認識されるので電話やインターネットを利用することができません。

もし、静電気に注意しながらsimカードを入れたのに電話やインターネットができない時は、simカードの接触不良を疑った方がいいです。

この場合は、一度、スマホからsimカードを取り出して、もう一度、simカードを入れ直せば大丈夫です。

格安simカードが壊れた場合はどうするか?

スマホに格安simカードを何度も入れ直しても、電話やインターネットができないことがあります。

原因としては、simカードが壊れている可能性が高いです。壊れてしまったら、もう治すことは不可能です。

この場合、

「格安sim会社に連絡して、simカードを再発行してもらう」

必要があります。

再発行には手数料がかかってしまいますが、仕方ありません。

ただし、simカードは取り扱いさえ注意すれば、めったに壊れることはないのでそれほど心配する必要はありません。

壊れる可能性が高いのは、手で直接さわること以外だと、スマホの水没です。

水没すると、ショートしてしまいスマホが壊れるだけでなくスマホの中に入っているsimカードまで壊れることがあります。

スマホなら買い替えれば代わりはありますが、simカードはそうはいきません。

simカードの中には、アドレス帳などの情報が入っているからです。

ですので、日頃からアドレス帳などの中身は定期的にバックアップしておくといいでしょうね^^。

まとめ

格安simは差し替えて使うことができます。

なので、simフリー対応のスマホに差したり、simフリーのタブレットに差して使えます。

しかし、現実的には頻繁に差し替えるのは面倒なので、差し替える回数は少ないと思います。

また、何度も差し替えているとsimと端末との接触が悪くなったり、simを壊してしまうリスクが高くなります。

ですので、simの差し替えは最小限にとどめておくほうが無難です。

simを壊してしまい再発行するのはお金をとられるのはバカらしいですからね(*^o^*)。

関連記事