タブレット

「インターネットをしたいけど、できるだけ安い費用で使いたい」

「スマホは画面が小さいからタブレットの方がいい」

このように思っている人、いるのではないでしょうか。

スマホは文字や画面が小さくて見づらいですよね。その点、タブレットなら文字が大きくて見やすいです。

また、大手キャリアは通信費用が高いけど、格安simなら安くなります(*^o^*)。

格安タブレットとは?

格安タブレットの明確な定義などはありませんが、個人的には1万円以下で買える安いタブレットとしてます。

ちなみにアマゾンで1万円以下のタブレットを探すと、こんな感じ。

タブレット1万円以下

かなり種類があります(ちなみにすべて中古ではなく新品ですよw)。

もし、2万円以下を格安とするなら、もっと数が増えます。

性能は、1万円以下のタブレットですからそれほど期待はできません。

しかし、インターネットをしたり、SNSやメールをする程度の軽い作業であればこの価格帯のタブレットでもそれほど不満は感じないと思います。

ただし、格安タブレットは購入する前に以下のことに注意するといいでしょう。

・ある程度の数、売れているタブレットを購入する
・評判がよくないタブレットは、購入しない
・販売元と保証内容を確認する
・可能なら実際に使ってから購入する

格安タブレットで格安simを利用するには?

タブレットで格安simを使う場合には、

・simスロットがある

または、

・Wifi対応している

ことが必用です。

また、simスロットはないけど、wifiに対応している場合には、モバイルWifiルーターが必用となります。

つまり、格安タブレットで格安simを利用するには

・simスロット付きのタブレット
・simスロットがないwifi対応タブレット+モバイルWifiルーター

のどちらかになります(自宅で固定回線のwifiを使うなら、モバイルwifiルーターは不要)。

モバイルWifiルーターは、simスロットとWifiが付いた機器で、格安simをこれに入れてWifiでタブレットと接続して使います。

こうすれば、自宅内でも外でも、タブレットでインターネットを使えます。

価格は1万円以下で購入できます。

simスロット付きのタブレットの方が楽だし、場所も取らないので便利ですが、simスロット付きのタブレットは、simスロットなしのタブレットよりも数が少ないため選択肢は少なくなります。

私がおすすめする格安タブレット

おすすめ

私がおすすめする格安タブレットは、

・Amazon Fire 7(¥5980) またはFire 8(¥8980)
・Huawei Mediapad T1(¥9500)

です。

ただし、Amazonの場合、OSがFire OSになります。

Huaweiは、中国メーカーですが品質は日本製とほぼ変わりません。

コスパに関しては、価格が日本製よりも安くてよいです。

ただし、これらのタブレットはsimスロットなしですので、外で利用する場合、モバイルwifiルーターが必用です。

まとめ

格安スマホではなく、格安タブレットで格安simを使うという選択は、ありだと思います。

電話は不要で、主にインターネットでウェブ閲覧やSNSやメールがメインでの利用なら、スマホでなくてもいいですからね。

ただし、タブレットはスマホよりも大きいので持ち運びにはちょっと不便かもしれません。

私なら、タブレットは

・動画の視聴
・書籍や漫画の閲覧

をメインに使うと思います。

主に自宅でしか使わないので、simスロットは不要です。

自分がタブレットをどのように使いたいか。

これを基準にタブレットを選べばいいでしょうね(*^o^*)。

関連記事