スマホで撮影

auは大手キャリアの1つ。

店舗はいたるところにあるので便利です。

しかし、通信料金は・・・・高過ぎますよね。

私は格安simを使う前は、auと契約していました^^。

auから格安simに移行する手順と費用について

auから格安simに移行する時、その手順と費用をあらかじめ知っておくとトラブルなく、移行できます。

auから格安simに移行する手順

手順は、全部で8ステップです。

1、格安simの仕様を決める(データ容量、音声ありなしなど)
2、移行する格安sim会社とプランの決定
3、スマホ(ガラケー)のデータ(アドレス帳、写真など)をバックアップ
4、格安simのスマホ用フリーメールの取得(Gmailなど)
5、auに電話しMNP番号を取得
6、格安simを購入
7、格安simが届いたら、スマホに入れて設定後、動作チェック
8、バックアップしたデータを格安simへ

*データのバックアップが不要なら、2と8は必要なし

かなり面倒に思えますが、実際にやってみると大したことはないです。

このステップはau以外のドコモやソフトバンクでも5以外は同じです。

MNP番号を取得するためのauの電話番号:0077-75470(無料)

MNP番号は取得してから15日間有効です。もしこの期間内に利用しなければ、MNP番号は使えなくなりますし、auとの契約もそのままです。

MNP番号を取得したいと言うとau担当者から、その理由を聞かれます。

正直に答えればいいでしょう。

auの担当者から、引き留めもありますが、それほど強くはありません。

たぶん、慣れているのでしょうね。

auから格安simに移行する時かかる費用

格安simに乗り換える時かかる費用という記事で書いたように、移行時の費用は

1、大手キャリアを解約する時にかかる費用
2、格安sim会社と契約する時にかかる費用

の合計です。

1は、MNP転出手数料です。

大手キャリアを解約する時にかかる費用=MNP転出手数料

=3000円

途中解約なら契約解除料(9500円)がさらにかかるので12500円になります。

2は、事務手数料とsim発行手数料の合計です

格安sim会社と契約する時にかかる費用=事務手数料+sim発行手数料

=3000+406=3406円

1と2を合計すると、

3000+3406=6406円

となります。

これが、auから格安simに移行する時かかる費用の総合計です。

*途中解約なら、総合計はさらに9500円増えます。

*格安sim会社によっては、キャンペーンの利用で事務手数料やsim発行手数料が無料になることもあります。

auから移行するのにおすすめの格安simは?

格安sim会社のほとんどはドコモ回線を利用しています。

ですので、ドコモから格安simへは移行しやすいですし、選べる格安simもたくさんあります。

同様に、auから格安simに移行するのなら、au回線の格安simに移行したほうが便利です。

auからドコモ回線の格安simにも移行できますが、今使っているスマホをそのまま使う場合、simロック解除が必要だからです。

また、simロック解除したとしても、ドコモ端末とau端末では周波数の違いもあるため、使えない周波数が出てきます。これはつながり安さに影響します。

*今使っているスマホがsimフリスマホなら周波数の問題はない

au回線の格安simは、BIGLOBE SIM、UQ mobile、mineo、IIJmio、Fiimo、J:COM MOBILE、Tikimoです。

この7つの格安simの中から、

・通信費用
・通信速度
・サービス
・サポート
・キャンペーン

などを総合的に比較して選べばいいいでしょう。

格安simに移行時のアドレス帳の移行方法

アドレス帳

格安simにする時に、アドレス帳(住所、氏名、電話番号のリスト)の移行が必要な場合があります。

この時の手順はこちら。

1、事前準備としてGmailを取得
2、連絡先をGmailにコピー(旧simを格安simにする前のバックアップ)
3、Gmailから格安simへコピー(旧simを格安simに入れ替えたあとのデータ移行)

参考サイト:電話帳の移動をしよう

もし、simだけでなくスマホ自体も古いものから新しいものに換える場合は、Bluetoothという無線を使って移動することもできます。

基本的には、同じOS(アンドロイド同士、アイフォン同士)でしかできません。

ただし、私はアイフォンからアンドロイドにアドレス帳移行をできましたがw。

Bluetoothを使う場合の手順はこちら。

1、Bluetoothをオンにして利用可能にする(スマホ2台とも)
2、旧スマホのアドレス帳を別端末にエクスポートを選択
3、表示される新端末を選択(自動的に端末を検索して表示される)
4、アドレス帳の移行要求を許可する
5、新スマホにアドレス帳が移行される

Bluetoothで電話帳が移行できるなら、この方が簡単です。

まとめ

今まで使っているスマホをそのまま使いたい場合、auから格安simに移行する時に選択できる格安sim会社は少ないです。

でも、少ないのは悪いことばかりではありません。なぜなら、比較検討するのが楽になるからです。

それに、au回線系の格安simはドコモ回線系の格安simよりも総じて通信速度は、速いです。

なので、かえっていいかもしれません(*^o^*)。

関連記事