スマホで電話

スマホを使うといろいろなことができます。

電話、インターネット、決済、テレビ、ラジオ、ゲームなどなど。

電話をするのに便利なのが、スピーカーフォン。

手が自由になるので、何かをしながら電話ができます。

もちろん、ネットを見ながら電話をするのもOK^^。

ネット見ながら電話をかけたい、格安スマホではできるのか?

まず、

「ネットを見ながら電話をかけること」と格安スマホは関係がありません。

ネットを見ながら電話をかけることができるかどうかは、スマホやガラケー次第です。

ただ、今販売されている端末であれば、どれを選んだとしてもネットを見ながら電話をかけることはできるはずです。

以前、auのiPhoneがVoLTEを使えないためにネットを見ながら電話をかけれないという不具合がありましたが今はそんなことはないです。

今は、さらにスマホの進化が進んでいます。アンドロイドの最新OSはアンドロイド7ですが、「マルチウィンドウ」という機能が可能になっています。

「マルチウィンドウ」とは、複数のアプリを同時に1画面に表示させて動作させることができる機能のことです。

これを利用すると、メールを読みながら、同時にユーチューブの音楽を聴くなんてこともできます。

ただし、「マルチウィンドウ」に対応したアプリ以外は、「マルチウィンドウ」にできません。

* 開発者向けオプションを使えば可能

格安スマホと大手キャリアのスマホの違いはほぼない

格安スマホという名前からは、

「大手キャリアよりも値段が安いスマホで機能が劣っているスマホ」

を想像する人もいるかもしれません。

しかし、格安スマホと言っても、大手キャリアが売っているスマホとほぼ同じです。

格安スマホは格安simを使えるスマホのことなので、格安スマホが劣っているとか特殊であるということはありません。

例えば、最新機種のiPhoneXですが、大手キャリアでは販売されていますよね。

でも、格安sim会社からは販売されていません。

しかし、iPhoneXはAppleから販売されていてこれを購入すれば、格安simを使えます。

単に格安sim会社はAppleと契約してないために、iPhoneXを販売できる権利を持ってないだけです。

たぶん、契約するためにお金が相当かかるので格安sim会社には難しいのでしょうね^^。

地デジやおサイフケータイの機能が搭載されている格安sim対応スマホ

おサイフケータイ

格安simに対応しているスマホには、おサイフケータイや地デジや機能が搭載されているものもあります。

これらの機能は大手キャリアの専売特許のようなものでしたが、今ではsimフリー版も増えてきているんです。

<おサイフケータイsimフリースマホ>

1、Arrows M02、M03、M04、L2(富士通)
2、AQUOS SH-M01、SH-M02、SH-M03、g04、SHL25(シャープ)
3、Xperia J1 Compact(ソニー)
4、DIGNO M KYL22
5、iPhone7、7 Plus(Apple)
6、NuAns NEO [Reloaded](NuAns)
7、DIGNO W(京セラ)

<地デジsimフリースマホ>

1、Arrows M03、M04(富士通)
2、AQUOS SH-M03、SHL25(シャープ)
3、ZenFone Go TV ZB551KL(ASUS)

上記以外にもいろいろあると思います。興味があったらググって見て下さいw。

まとめ

格安simでネット見ながら電話をかけたいのなら、今販売されているスマホを購入すれば問題ありません。

おすすめは今ならHuaweiのP10liteです(アマゾンで今最も売れてる)。

価格は2万円台で大手キャリアよりも手頃で高性能です。

もっと安い格安スマホも販売されてますが、あまりも安いのは購入してあとで後悔する可能性があるので、メインスマホとしては向きません。サブスマホならありですがw。

「大手キャリアなら、スマホが無料でも買えるよ」

確かに、そうですねw。

しかし、実際に月額通信料を払うお金がかかるので、月額通信料+端末代で比較すると格安simの方が安くなります。

本体無料という甘い言葉に騙されてはいけませんw。

・スマホは自分で購入して、simは格安simを使う

データの使用量は毎月3GB以下、電話はあまりかけないという人には、この方が向いています(*^o^*)。

関連記事