クレジットカードで支払い

格安simの会社での支払い方法は、基本的にクレジットカード払いです。

なぜなら、格安sim会社はクレジットカード決済にすることで

・ユーザーを獲得しやすくなる
・収支の管理が楽になる

からです。

カード払いだと会社はクレジットカード会社に手数料を払わないといけませんが、それよりもユーザーを獲得しやすかったり、収支管理が楽なほうが経営的によいと判断しているのです。

一般ユーザーにとっては、どうかというとクレジットカード払いの方が現金なくても利用できるし、ポイントも付くし、やはり収支管理が楽になります。

しかし、クレジットカードを持っていない場合とか、クレジットカード払いだと不安な場合は、他の支払い方法を利用したいこともありますよね(*^o^*)。

クレジットカードなしで格安simに契約できる?

格安simの契約は、クレジットカード払いが基本です。

でも、現金振り込みとか銀行引き落としなどでしか支払えない、支払いたくないってこともありますよね。

以下の格安sim会社は、クレジットカード以外の方法で利用料の支払いができます。


1、楽天モバイル

支払い方法は、4種類あります。

・クレジットカード
・デビットカード
・口座振替
・楽天スーパーポイント(買い物、楽天ポイントギフトカード*コンビニ購入可)

端末やアクセサリー購入は、代金引換も可能です。

楽天ユーザーにとっては、とても便利でお得です。

2、mineo

・クレジットカード
・口座振替(条件:eo光ネットを口座振替で利用している場合)

mineoは、条件が厳しいので実質的にはクレジットカード払いです。

3、インターリンク

・クレジットカード
・口座振替
・NTT支払い(電話料金合算)

4、BIGLOBE

・クレジットカード
・口座振替(銀行、ゆうちょ銀行)
・フレッツまとめて支払い(ビッグローブ光を利用の場合)
・NTTファイナンス回収代行
・NTT回収代行(新規受付終了)
・KDDI請求(auひかりを利用の場合)

支払い方法がか格安simの中でもっとも多種です。

5、OCN モバイル ONE

・クレジットカード
・口座振替

6、NifMo

・クレジットカード
・口座振替(@niftyの接続サービスをご利用中でNTT決済かKDDI請求の場合)

7、UQ mobile

・クレジットカード
・口座振替

8、LINE モバイル

・クレジットカード
・LINE Payカード(銀行口座、コンビニからの入金が可能)

9、DTI SIM

・クレジットカード
・口座振替

10、ぷららモバイルLTE

・クレジットカード
・口座振替(ぷらら会員で口座振替決済の場合)

*ぷららモバイルLTEのサービスは、2017年11月30日(木)までです。新規受付は5月2日に終了済み。ぷららモバイルLTE会員は、終了後は、「OCN モバイル ONE」へお得なな条件で参加が可能です。


クレジットカードなしで格安simに契約できる会社は、調べてみると結構ありますが、条件付きでの利用の場合も少なくありません。

どうしてもクレジットカードを利用したくない、クレジットカードを作れないという場合以外は、クレジットカードを利用した方が楽です。

格安simをクレジットカード決済にする問題点は?

私は、格安simの決済をクレジットカードにしています。

今のところ問題点は特にありません。

むしろ、カード決済のほうがポイントも付くのでお得なのでよいと思っています。

クレジットカード決済が不安な人もいると思いますが、大手の格安sim会社であれば心配は不要です。

また、クレジットカードを持ってない人の場合ですが、インターネットのサービスや通販なども含めて、クレジットカード利用前提が基本になっています。

ですので、1枚作っておくと便利です。

会社勤めなどを定職についていれば、ほとんどのカード発行は可能です。

しかし、定職がない人は発行できるクレジットカードは限られていますが、複数あります。

無職、ニート、主婦など収入がゼロやほとんどなくても作れるカードはこちらです。

・楽天カード
・イオンカード
・アマゾンカード
・ヤフーカード
・エポスカード
・etc

ショッピング系クレジットカードは審査基準がそれほど厳しくないので作りやすいです^^。

また、どうしてもクレジットカードが嫌なら、デビットカードを利用するといいでしょう。

デビットカードは審査がなくて発行できるので、手軽です。

また、口座の残高が利用限度額なので、現金払いや口座振替とほぼ同じような使い方が可能です。

コンビニ払いできる格安sim

「格安simの支払いをコンビニなどで現金払いしたい」

このような人もいると思います。

しかし、現在は、コンビニで毎月の利用料を支払えるような格安simはありません。

ですが、一時的に携帯やスマホを使いたいなら、プリペイドSIMという選択肢があります。

プリペイドSIMは、コンビニで売ってますので、いつでも購入できます。

便利なのですが難点は一般的なsimに比べて価格が高いということです。

ですので、常時利用するsimとしては、おすすめできません。

まとめ

クレジットカードがなくても格安simに契約はできます。

クレジットカード以外であれば、口座振替にしておくのがよいと思います。

私は、通信料金だけでなく毎月支払うものは、ほとんどクレジットカード引き落としにしています。

唯一してないのは、水道料金のみです。理由は、クレジットカード対応してないからw。

クレジットカードを持っているなら、あえてクレジットカード引き落としにしないで、口座振替にするメリットはほぼないです。

まあ、強いてあるとすればクレジットカードの支払いが多過ぎて限度額に達すると、支払いが滞ることがあるという点でしょうね。

逆に言えば、クレジットカードの限度額を超えて使うような使い方をしなければ全く問題はないです(*^o^*)。

関連記事