モトローラ

2018/6/8、モトローラは新しいスマホを販売しました。

Moto Gファミリーの第6世代モデルの「Moto G6 Plus」と「Moto G6」です。

Moto G6シリーズの特徴を一言で言えば、付加価値の高い機能とコスパを併せ持つ洗練されたスマホです。

Moto G6とMoto G6 Plusの特徴、そして違いとは?

「Moto G6 Plus」と「Moto G6」のスペックはこちら。


<Moto G6のスペック>
Moto G6

ディスプレイ:5.7インチ IPS
解像度:1080 x 2160 pixels
アスペクト比:18:9
OS:アンドロイド8.0
CPU:Octa-core 1.8 GHz Cortex-A53
チップセット:Qualcomm SDM450 Snapdragon 450
メモリー:RAM 3GB、ROM 32GB
アウトカメラ:12M+5M デュアルカメラ
インカメラ:8M
大きさ:153.8 x 72.3 x 8.3 mm
重さ:162.3 g
バッテリー:3000mAh
色:ディープインディゴ
sim:DSDS対応 nano sim
カードスロット:micro SD MAX 256GB
USB:2.0 Type-c
ブルーツース:Bluetooth 4.2
その他:イヤホンマイクジャック、指紋認証、etc。

<Moto G6 Plusのスペック>

Moto G6 Plus

ディスプレイ:5.9インチ IPS
解像度:1080 x 2160 pixels
アスペクト比:18:9
OS:アンドロイド8.0
CPU:Octa-core 2.2 GHz Cortex-A53
チップセット:Qualcomm SDM630 Snapdragon 630
メモリー:RAM 4GB、ROM 64GB
アウトカメラ:12M+5M デュアルカメラ
インカメラ:16M
大きさ:160 x 75.5 x 8 mm
重さ:167 g
バッテリー:3200mAh
色:ディープインディゴ
sim:DSDS対応 nano sim
カードスロット:micro SD MAX 256GB
USB:Type-c
ブルーツース:Bluetooth 5.0
その他:イヤホンマイクジャック、指紋認証、etc。


Moto G6とMoto G6 Plusの主な違いは、画面サイズ、大きさ、重さ、CPUの周波数、チップセット、メモリー、バッテリー、カメラです。

Moto G6とMoto G6 Plusの価格は、それぞれ、アマゾンで¥41904、¥31104となっています。

どちらを選ぶかですが、コスパ重視ならばMoto G6を選び、性能重視ならMoto G6 Plusを選べばいいでしょう。

個人的には、コスパ重視なので選ぶとしたら、Moto G6です。

Moto G6とMoto G6 Plusを安い価格で手に入れるには?

IJmioxモトローラのコラボキャンペーン

現在、IIJmioでは、モトローラとコラボキャンペーンをやっていて、Moto G6とMoto G6 Plusを購入できます。

* キャンペーン期間は2018年6月8日(金)~2018年7月31日(火)23:59まで
* キャンペーンが適応される契約は音声通話機能付きSIMのみ

キャンペーンを利用すると、

Moto G6が、一括払いで、26800円、24回払いで月々1150円です。

Moto G6 Plusが、一括払いで、35800円、24回払いで月々1500円です。

さらに、アマゾンギフト券をもらえます(Moto G6は3000円分、Moto G6 Plusは5000円分)

ただし、端末を購入時にsim契約も必用です。

もし、Moto G6やMoto G6 Plusを安い価格で手に入れたいなら、キャンペーンを利用するといいでしょうね。

⇒IIJmio公式サイト

Motoエクスペリエンスとは何か?

モトローラから販売されているスマホには、Motoエクスペリエンスというものが組み込まれています。

Motoエクスペリエンスとは、モトローラの独自仕様で、スマホの操作性を快適にするための仕組みです。

具体的な仕組みですが、手首をひねる、持ち上げる、振り下ろすなどの動作で、スマホのいろいろな機能を利用できます。

例えば、カメラを起動する、ライトを点灯させる、無音化する、スクリーンショットを撮る、etc。

使い方によっては便利に利用することができますね。

新しいG6シリーズでは、Motoエクスペリエンスがさらに強化されているようです。

まとめ

Moto G6とMoto G6 Plusの違いですが、主なものは画面サイズ、大きさ、重さ、CPUの周波数、チップセット、メモリー、バッテリー、カメラになっています。

ただ、個人的にはそれほど違いがないという感じがします。

どちらも、モトローラにしては価格を抑えたモデルになっていますね。

モトローラの端末は高級だが高過ぎるというイメージがあるのですが、今回はどちらかというと機能を充実させてきたコスパがよい中級モデルということでしょう。

思わず欲しくなってしまいました。

IIJmioで購入するとMoto G6なら実質23800円。

ちょっと迷ってしまいますね~。

しかし、しばらくすると価格も落ちてくると思うので今のところ買いませんが(*^o^*)。

関連記事