圏外

スマホ(iPhoneやアンドロイド)を利用している時、電波がちゃんと来ているはずなのに圏外になってしまうことがあります。

ネットを使いたい時や電話をかけたい時に、圏外になってしまうと困りますよね。

でも、なぜ圏外になってしまうのでしょう。

また、圏外になってしまったらどうすればいいのでしょう。

スマホが圏外になってしまった時の対処方法

ふと、スマホを見るとアンテナが立ってない。

いわゆる圏外ということです。

でも、普段はスマホが使える場所で圏外になるのは、なぜでしょう。

圏外は突然なる場合もあるし、何かをした後でなることもあります。

理由はいろいろ考えられます。

・利用者が多くて混雑している
・simカードがスマホにしっかり刺さってない
・simカードが何らかの原因で壊れた
・スマホ本体のソフトウェアの不具合(故障)
・スマホ本体のハードウェアの不具合(故障)
・基地局のアンテナが壊れている
・etc

そして、この時の対処方法はこちら。

・取りあえず様子を見る(時間と共に改善することがある)
・再起動、または電源のオンオフを何度か繰り返す
・機内モードのオンオフを何度か繰り返す
・キャリア設定をし直すかアップデートする(iPhoneの場合)
・モバイルデータ通信4Gをオフにする(iPhoneの場合)
・ネットワーク設定をリセットする
・電源を切りsimカードの抜いて、差し直し電源を入れる
・ソフトウェアを最新にアップデートする
・電池を外せるなら、電源を切り電池を外してて入れ直し、電源を入れる
・場所を変えて、アンテナの状態が変わるかをチェックする
・同じスマホ(ソフトバージョンも同じ)を使っている人が圏外になっていないかを調べる
・工場出荷状態に戻す(データのバックアップをしておく)
・メーカーに問い合わせて、必用なら修理をする
・etc

上記の対処方法のうち、工場出荷状態に戻したり、修理を依頼するのは最後の手段です。

圏外になる問題のほとんどの場合、上記のいずれかで改善するはずです。

スマホはどうしたら壊れてしまうのか?

スマホを詳しくない人はよく、「いじると壊れてしまいそう」と思っていて、スマホをあれこれいじり倒すことをしません。

しかし、スマホを使っていて壊れるということは滅多にありません。

スマホが壊れる原因の主なものはこちら。

・落下
・水没
・電池の寿命

です。

特に多いのは落下です。

スマホは精密な電子機器です。

ですので、落下することで、部品が外れてしまったり、その外れた部分が他の部品と接触してショートして壊れることがります。

もし、スマホを落とすことが多いのであれば、落下に強いスマホを購入したり、落とした時にショックを和らげる素材を使ったスマホケースを利用するといいでしょう。

例えばこちらのスマホケース、カプセル ウルトラ・ラギッド SGP11643です。

スマホケース

薄くて頑丈なTPU素材で作られていてMilitary Grade(米軍軍事規格)を取得しています。

このような丈夫なスマホケースを使えば、スマホを落とした時に壊れてしまうリスクを減らせるでしょう。

簡単に電波のオンオフができる電波リセットアプリ

機内モードをオンにして、電波が切れて再度機内モードをオンにする。

この一連の動作をやってくれるアプリ(アンドロイド用)があります。

それが、「電波リセットアプリ」

電波リセットアプリ

使い方ですが、

1、「電波リセットアプリ」をダウンロードしてインストールする

2、アイコンをクリックする

以上です。

このアプリは無料で利用できますが、広告が出ます。

まとめ

スマホが圏外になってしまうことは、滅多にありません。

しかし、全くないということではりません。

私もiPhoneを使っている時に、圏外になってしまったことがあります。

その時は、再起動や電源のオンオフなどで改善しました。

今使っているアンドロイドでは、圏外になったことはないです。

もし、スマホが圏外になっても慌てないことです。

冷静に対処すれば、直ります。

直らない時は、たまたま運が悪かったとあきらめるしかないので、メーカーに修理依頼をすることになります。

スマホの修理は滅多にないことですが、スマホを購入する時には壊れた時の対応も確認しておくといいです。

万一の時に安心ですからね(*^o^*)。

関連記事