携帯

「今どきまだ携帯(いわゆるガラケー)使っているの?」

携帯を使ってるとこういう風に言われることがあります。

もちろん、スマホをまだ使ったことがなくて携帯を使うのならそう言われても仕方がないかもしれません。

しかし、スマホを使った上であえて携帯を使うという選択肢もあります^^。

スマホから携帯にして、どのような点がいいのか?

まず、私の個人的見解ですが、

「ネットの利用が多いならスマホ、通話の利用が多いなら携帯」

を利用するほうがいいと思います。

元々、電話は通話をするためのものであり、携帯はその延長線上の端末です。

ですから、通話がメインなら携帯の方がいいんです。

あと、携帯がよい点は通信コストが安い点です。

ほとんど待ち受けであれば、月に1000円程度で済みます。

また、電話をよくかける人ならかけ放題にして月に2000円程度です。

私はどちらかというとネットの利用の方が多いです。ですのでスマホにしてます。

でも、通話がメインでネットをほとんどしないから、携帯にしているでしょう。

スマホとガラケー、どのようなメリットとデメリットがあるのか?

スマホとガラケーそれぞれメリット&デメリットがあります。

スマホのメリット&デメリット

<メリット>

・情報収集が携帯よりし易い
・ゲーム、動画、音楽などエンターテイメント性の高いコンテンツを携帯より楽しめる
・液晶画面が広く、解像度が高くてきれい
・携帯以上にSNSが楽しめる

<デメリット>

・通信料金が高い
・端末料金が高い
・長時間利用することが増えて疲れやすい
・電話がし難い
・携帯よりも重さが重くなった

携帯のメリット&デメリット

<メリット>

・通信料金が安い
・端末料金が安い
・スマホよりも利用時間が減るため疲れにくい
・電話がし易い
・スマホよりも重さが軽い

<デメリット>

・情報収集がスマホよりし難い
・ゲーム、動画、音楽などエンターテイメント性の高いコンテンツはスマホほど楽しめない
・液晶画面は狭く、解像度は低い
・スマホのようにSNSが楽しめない

携帯とスマホどちらにもメリット、デメリットがあります。

ただ、大事なのは自分がモバイル端末をどのように使いたいかということです。

結局、自分の使い方に合っている端末を選ぶと満足度が高くなります。

例えば、

・外出時ネットはほとんど使わず主に通話の待ち受けで使うことが多い

このような使い方であれば、スマホと契約するのはお金の無駄です。

携帯電話のもっとも費用が安いプランで十分でしょう。

携帯はまだ売っているのか?

大手キャリアで販売されている端末はスマホがほとんどです。

でも、携帯も売ってます。

売っている場所は、大手キャリア、電器店、ネットショップなどです。

ただ、最近の携帯は、中身がスマホで見た目が携帯電話の「ガラホ」が多いです。

なぜ、ガラホが多いかというと、スマホ全盛の時代ですからスマホを作ってそれを改造しガラホを作る方がコストが安く済むのです。

ですので、携帯と言っても2種類あるということになります。

ガラホの特徴としては、LINE、twitter、FacebookなどのSNSが使えたり、アプリも使えます(使えるアプリは限定される)。

また、動画を見れたり、wifiなども利用できます。

ですので、携帯っぽい使い方ができるスマホといった感じです。

シニア世代でスマホへの移行が進んでいる

シニア

最近、シニア世代でもスマホ利用者が増えています。

MMD研究所の調査によると60代だと50.8%、60代でも33.3%がスマホを使っています。

シニアのスマートフォン所有率

ただ、利用してるのは、メールがメインになっています。

また、利用の仕方がわからないとか興味がないなどの理由から、携帯を使っているシニアもまだ多くいます。

しかし、今後、世代交代が進むでしょうから、いずれスマホ利用者が携帯利用者を逆転するはずです。

30年後、今の00歳が70歳になります。

そうしたら、高齢者が動画を見たりゲームをしたりSNSをするのが普通になるでしょう^^。

まとめ

スマホから携帯にすると良い点がいろいろあります。

大きな流れとしては、

携帯 ⇒ スマホ

になっていますが、通話メインの使い方をする人がいる限り、携帯の需要はなくならないでしょう。

ただし、純粋な携帯、いわゆるガラケーは消滅すると思います。

今売られているのはたぶん過去に作られたものでしょうね(*^o^*)。

関連記事