通信速度

格安sim会社はたくさんあります。そして、いろいろなデータ通信サービスを提供しています。

格安simを比較する項目としては、利用料、使い勝手、サポートなどありますが、最も気になることの1つが速度ではないでしょうか。

なぜなら、

「格安simは、ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアより速度が遅い」

と言われているからです。

実際に比べると、確かに遅いです。

でも、格安sim会社で同じ回線を使っていても、通信速度が速かったり、遅かったりという違いがあります。

格安simの通信速度に違いがある理由とは?

インターネットを格安simで利用する場合のデータの流れがこちら。

ユーザーのスマホ ⇔ 基地局 ⇔ 格安sim会社 ⇔ インターネット

*大手キャリアの場合、格安sim会社の部分はなくなる

速度の差に影響するのは、基地局 ⇔ 格安sim会社の部分です。

この間の速度は、「回線帯域の太さ」と「通信設備」の2つが影響します。

「回線帯域の太さ」は格安sim会社が大手キャリアから回線を借りる帯域のこと。太いほどたくさんの人に速い通信速度を提供できます。

「通信設備」は、データを処理する速度に影響します。処理が高速なほど速い通信速度を提供できます。

格安sim会社の回線速度増強への投資は、この2つが主なものです。

ユーザー数が多ければ、回線帯域が足りなくなり、通信速度が遅くなります。また、通信設備の処理が追いつかなくなると、通信速度が遅くなります。

ですので、格安sim会社は、需要予測をしながら「回線帯域の太さ」と「通信設備の質と量」を調節しているんです。

例えば、Aという格安sim会社とBという格安sim会社があった場合、Aの方がBより通信速度が速いとします。

この時、Aは、「回線帯域の太さ」や「通信設備」に余力があるので通信速度が速いんです。

一方、Bは、「回線帯域の太さ」や「通信設備」に余裕がないので通信速度が遅いんです。

格安sim会社は、当然、回線速度を常時測定しているので、遅い場合は「回線帯域の太さ」や「通信設備」を増やすように動きます。

ただし、すぐに増やせるわけではないので時間がかかります。また、投資するお金がないと、資金集めなどに時間がかかるので、さらに増やすのに時間がかかります。

格安simの通信速度は一時的に早いこともある

格安simの通信速度を比較するサイトがたくさんあります。

でも、通信速度は一時的に早くなっているだけのこともあります。

「昔は早かったけど今は遅い」

という声をよく聞きます。

ですので、一時的に早いだけで格安sim会社を選んでしまうと、あとで後悔することになりかねません。

もし、速度を比較して速度が速い格安sim会社を選びたいのなら

・一定期間安定して速度が速いかどうか
・複数のサイトの速度をチェックする

この2つを抑えておくことが大事です。

MVNOには、一次業者と二次業者がある

MVNO

格安sim会社(MVNO)は、大手キャリアから回線を借りて、商売をやっているわけですが、二種類あります。

それは、一次業者と二次業者。

一次業者 ⇒ 大手キャリアから回線を借りている格安sim会社
二次業者 ⇒ 一次業者から回線を借りている格安sim会社

このため、二次業者は一次業者のように設備投資が不要なので、投資コストを抑えることができます。一方で、一次業者よりも通信品質(速度、安定度)は、落ちる可能性があります。

MVNOの一次業者

・IIJmio
・OCNモバイルONE
・So-netモバイル
・BIGLOBEモバイル
・b-mobile
・nuroモバイル
・FREETEL SIM
・mineo
・楽天モバイル(二次業者でもある)
・TONEモバイル
・etc

MVNOの二次業者

・DMMモバイル
・イオンモバイル
・もしもシークス
・Nifmo
・u-mobile
・LINEモバイル
・ASAHIネット LTE
・Tikiモバイル LTE
・hi-ho
・BB.excite
・NTTぷらら
・etc

基本的には、経済力と技術力があるところがMVNOの一次業者となっています。

私が通信速度をそれほど気にしてない理由

格安simの通信速度を気にしていて、

「できるだけ早い格安simを選びたい」

と思っている人がいますよね。

ただ、私はそれほど通信速度を気にしてはいません。

まあ、あまりにも遅いと気になりますけどw。

なぜ気にしてないかですが、理由はこちら。

・ある程度の通信速度があれば、利用するのに困らない
・通信速度は状況により、速くなったり遅くなったりする

私も格安simを選ぶ時に通信速度を気にしました。

でも、複数の格安sim比較サイトの通信速度をチェックしてもよくわかりませんでした。

だって、ある通信速度比較サイトでは速い格安simも別の通信速度比較サイトでは遅かったりするんですからw。

なので、通信速度を気にし過ぎても意味がないって思いました。

また、通信速度は場所によっても違うし、格安sim会社の回線や設備への増強次第でどんどん変わります。

まとめ

格安simの通信速度の違いは、「回線帯域の太さ」や「通信設備」が各社によって異なるためです。

MVNOの一次業者は、大手キャリアから回線を借りています。そして、MVNOの二次業者は、MVNOの一次業者から回線をさらに借りているためさらに遅くなる可能性があります。

ですので、格安sim会社はMVNOの一次業者の方が安定度が高いと言えます。

しかし、実際に通信速度をみてみると、それほど違いはありません。ただ、何か不測の事態があった時はわかりませんが。

個人的には通信速度を気にするよりも費用を気にしますw。

それに、万一、通信速度が遅くなり使い心地があまりに悪いなら、またMNPすればいいだけですから(*^o^*)。

関連記事