友達追加

LINEを日々利用している人は、若者を中心に多いです。

また、家族の連絡用に使ってる人もいますよね。

ですが、たまに

「友達追加されました」

とメッセージが入ることがありますよね。

で、知っている人かなとチェックしてみると全く知らない人。

これって、危ないのでしょうか?

LINEの「友達追加されました」はヤバイのか?

いきなり知らない人から「友達追加されました」って気味が悪いですよね。

今、SNSを利用した事件も増えているし、何かと物騒な感じの世の中なので。

電話番号により友達に追加された時、その理由としてはいくつかあります。

・自分の登録していた番号が昔使われていて、その番号を登録している人がいる

・SNSなどで自分の電話番号が知られてそれが登録された

・間違って自分の電話番号が登録されていた

・悪意を持ってランダムに電話番号登録され、自分の電話番号がそれに含まれていた

・悪質業者のリストに自分の電話番号が登録されていた

どうでしょうか?

電話番号でLINEの友達登録されたといってもいろいろな理由があります。

でも、大事なのは自分が友達登録されたとしても、相手のことを知らなかったり、知っていても友達登録したくないなら、自分から相手に対して友達登録をしないことです。

私もたまに「友達追加されました」ってメッセージが出るのですが、すべて削除しています。

危険な香りがするものには近付かない。これが一番です^^。

友達は多ければ多いほどいいってものではない

LINEの友達の数を競っているような人をたまに見かけます。

でも、これって全然意味がないです。

友達は数の多さではなく、質の方が大事だからです。

友達が1000人いたとしても、そのほとんどの人とは1年に1度も会話すらしないでしょうし、たまに会話するぐらいなら友達としてあまり意味がないです。

それよりも、親密に何でも言えるような友達が数人でもいれば、それで人生は充実するでしょう。

私はLINEの友達登録の数は86人います。

でも、ほとんど連絡を取っていません。なぜなら、LINEをあまり利用しないからです。

また、過去に連絡先を交換しただけの人もいます。

削除してもいいのかもしれませんが、LINE自体あまり使わないので放置してます。

ただし、まったく知らない人は即削除してます。

LINEよりも親密になれる友達の作り方とは?

友達の作り方

友達を作りたいけど作れない。

このような人は多いのではないでしょうか。

LINE、メールなどIT機器を使って友達を作るのはあまりおすすめしません。

なぜなら、親密にはなりにくいからです。

逆にLINEやメールを使うのであれば、親密になってからです。

この方がより親密度を増すことができます。

友達を作るためのポイントはこちら。

・人がいる場所に行き、自分から声をかける(最初は挨拶程度でOK)

・いつも笑顔でいる

・自分のことをオープンに話す

・相手の言葉を遮らず、話しを聞く

・相手の考え方や感じ方を否定しないで受け入れる

・相手の目を見て話す

・親しくなったら連絡先の交換をする

・相手を誘う、また誘われたらできるだけ誘いに乗る

どうでしょうか?

特に社会人になると友達を新たに作るのは、面倒だったり、難しく感じると思います。

でも、多くの人は友達を増やしたいと思っています。

お互いにそう思っていて、気が合えば友達になるのはそれほど難しくないです。

ただし、慌ててはいけません。お互いを知るには多少時間が必用だからです。

友達を作るために一番大事なのは

「友達を作りたい」

という気持ちです。

これがあって勇気を持って一歩踏み出せば、友達は作れます。

まとめ

LINEの「友達追加されました」はあまり気分がよくはありません。

もちろん知っている人で友達になりたいならいいんですけどね。

かえって余計なお世話って感じがしますから。

アプリは便利に使えると同時に、お節介な部分もあるのです。

私はLINEよりもSMSとかメールの方がよく使います。LINEと違い不特定多数の人からメッセージは来ませんからね。

ただ、グループでやりとりをする場合はLINEは便利ですよね。

なので、ケースバイケースでどんな方法でコミュニケーションを取るかを決めればいいでしょうね(*^o^*)。

関連記事