タウンwifi

格安simにしろ大手キャリアにしろモバイル通信により接続すると、コストがかかります。

できれば、通信コストを下げたいですよね。

このような時には、無料のwifiを利用するといいです。

でも、無料のwifiって品質がいまいちなんですよね。

自動的にWifiにつながるアプリ「タウンwifi」とは?

無料wifiを利用することで余計なモバイル通信をしなくて済むために、契約するデータ容量を節約できます。

ただ、無料wifiって品質がいまいちだったり、つながりにくかったりしますよね。

このような方におすすめなのが「タウンwifi」というアプリです。

対応wifiの数は900以上あり、日本だけでなく海外にも対応しています。

すでに300万ダウンロードを突破しています。

使い方ですが、iPhone版とアンドロイド版があるので、アプリのダウンロードさいとからダウンロードして起動するとすぐに使えます。

設定は一応ありますが、何もしなくても使えます。

このアプリがいい点は、

・利用料は無料
・wifiに接続可能な時、自動接続してくれる
・接続するwifiを自分で管理できる
・使えないwifi、遅いwifiには接続しないようにできる
・wifi接続の保護機能が付いている
・etc

外出してスマホを使う人なら、インストールしておいて損はありません。

タウンwifiの詳細について

タウンwifiの詳細はこちらの動画を見るとわかります。

タウンwifiの社長は荻田剛大さんという方です。

元々楽天に務めていたが、楽天をやめて投資をしてもらってベンチャー企業を設立しました。

ビジネスとしてはまだ成り立っていないように思えますが、電通と提携をしたようなので広告などを表示させることになるようです。

タウンwifi、有料プランに対応

有料プラン

タウンwifiは基本的に無料で使えます。

しかし、月額300円で有料プランも使えます。

有料プランにするとVPNによる暗号化通信を行えるために安全にwifiを利用できます。

無料プランの場合は、VPNは月1GBまでになります。

ただ、月に300円というお金を払ってまで安全に無料wifiを使いたいという人はそれほどいないのではないでしょうか。

できれば、VPN実装を無料にしてくれればいいですけどね。

まとめ

タウンwifiは、無料wifiスポットに自動で接続してくれる便利なアプリです。

ただし、VPNを利用しようとすると有料になります。

企業が提供する多くのアプリは完全無料ではありません。

まあ、企業は利益を上げたいわけですからある意味仕方ないとも言えます。

ただ、300万もダウンロードされていて常に利用している人も相当いるはずでしょうから、広告収入だけでVPNサービスも提供してくれたらと思います。

そうすれば、まさに神アプリでしょうね(*^o^*)。

関連記事