network

本日は、5Gについて。

5Gは、第5世代移動通信システムのこと。

現在は、4G。

5Gが実現され実際にお目見えするのは、2020年の東京オリンピックの年とされています。

5Gの世界が目指すものは何か?

5Gの世界では、単にスマホがネットにつながって大量のデータ送受信ができるというだけではないようです。

ネットにつながるのは、あらゆる機器です。

例えば、家電製品、医療機器、機械、自動車、etc。

そして、これらが相互につながり連携することで、効率的に仕事を行うことでエネルギー消費が少なくて、環境に優しく便利な社会を実現させることを目的としています。

これだけ多くの機器がネットにつながるためには、現在の4G、衛生放送、光ケーブルなど全てにおいて、コスト面、技術面から厳しいとされています。

そこで、登場するのが5Gです。

5Gになることで、通信速度の高速化、大容量化、低遅延、高信頼性を実現しようとしているのです。

かなり技術的なハードルは高いですがすでにメドは見えているようです。

積極的に5Gを推し進めているのは、日本ではドコモです。

まあ、auやソフトバンクよりも技術的にはアドバンテージが高いですからね。

実は、5Gの計画は、もっと先だったのですが、ちょうど2020年にオリンピックが開かれるために、ドコモはこれに合わせようと積極的に推し進めているんです。

5Gの世界で、あらゆるものが変化

5Gの世界で一番変わるのは、すべての機器がつながることです。

これは、恐ろしいほどのインパクトを及ぼすはずです。

今、私達はインターネットを利用しています。

ネットを当たり前のように使うことで、仕事、趣味、遊び、生活スタイルなどあらゆるものが変化しています。

5Gですべての機器がつながると、さらに大きな変化が生じるはずです。

AIの導入が鍵を握ると思いますが、人間が今までやってきたことが機械に置き換わり、現在の日本で起きている人手不足、高齢化や少子化による問題、貧富の差、エネルギ問題などが解決する可能性まであります。

もし、実現できたとしたら今の生活スタイルはあっと言う間に時代後れとなるでしょう。

5Gの世界はバラ色なのか?

バラ色の世界

本当に5Gの世界で、人々の生活はよい方向に変化するか。

それはわかりません。

たぶん、使い方次第でしょう。

携帯やスマホにしても最適な使い方をすれば、人の暮らしを豊かにします。

しかし、不適切な使い方をすれば、多くの人を不幸にしてしまいます。

5Gの世界は一見素晴らしいのですが、逆にすべてがつながることで、そのつながりがリスクになる可能性もあります。

例えば、今でも問題になっているインターネット犯罪。

銀行からお金が勝手に引き出されたり、お金が消失してしまうことが起きています。

もし、多くの機器がネットにつながりそれを不正にコントロールされたら、大変なことが起きます。

そのため、絶対に破れない、破れたとしてもトラブルが生じないような仕組みを作らないといけません。

これは、かなりハードルが高いと思います。

そのため、2020年に5Gがスタートしても、一般人が誰でも5Gの恩恵を安心して受けれるためには、少し時間がかかるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、格安simとは直接関係ないです。

でも、もし5Gが実現されたら、格安simでも5Gは利用できるようになるかもしれません。

ドコモの社長は5Gの利用料はLTE並みにすると語っていましたが、5Gの設備投資にある程度お金がかかるため、最初は利用料金が高くなると思われます。

個人的には、すべての機器がネットにつながるのはまだ時期尚早な気がしてます。

よほど堅牢なセキュリティ対策を施し、何があっても大丈夫なようにしないと危なくって使う気になりませんからね。

まあ、先はどうなるかわかりませんが、期待しないで5Gを待ってます(*^o^*)。

関連記事