壊れたスマホ

大手キャリアよりから格安simに乗り換える時に不安に思うこと。

それは、

・スマホが壊れた時のサポート体制

です。

サポート体制が整っている格安simは、あるのでしょうか?

スマホのサポート体制が整っている格安simはどこか?

格安simは、大手キャリアに比べてサポートが弱いと言われています。

その理由は、コスト削減のためにサポートに力を入れてないからです。

なので、大手キャリアよりサポートが弱いのは当然なんです。

ですが、格安sim会社もこの点をよく理解しているので、端末補償サービスを取り入れているところがあります。

端末補償サービスを用意している格安simはこちら。

・mineo 端末安心サポート:利用料 380円/月
・mineo 持込み端末安心保証サービス:利用料 500円/月
・DMM mobile 端末交換オプション:利用料 350円/月
・DMM mobile つながる端末保証:利用料 500円/月
・NifMo あんしん補償:利用料 380円/月
・NifMo ONE あんしん保証 for SIMフリー:利用料 380円/月
・BIGLOBE SIM 端末あんしんサービス:利用料 380円/月
・BIGLOBE SIM 端末保証サービス:利用料 500円/月
・IIJmio 端末補償オプション:利用料 380円/月
・IIJmio つながる端末保証:利用料 500円/月
・楽天モバイル 端末保証:利用料 500円/月
・楽天モバイル つながる端末保証:利用料 500円/月
・LINEモバイル 端末保証:利用料 450円/月
・LINEモバイル 持込端末保証:利用料 500円/月

月額利用料はかかりますが、スマホの端末補償サービスをしてもらえます。

ただし、交換に対応にしてもらえない場合、自己負担金がかかる場合もありますので、詳細は公式サイトで確認してみてください。

端末補償サービスが付いていると安心ですよね。

しかし、注意しないといけない点があります。

それは、大手キャリアと比較すれば、サポート体制は整ってないということです。

ですので、人によっては格安simのサポートに満足できないと思います。

もし、そうなら大手キャリアを利用した方がいいでしょう。

スマホのサポートと安さの両方を満足したいならどうすればいいか?

Apple iPhone

「スマホのサポートと利用料金の安さ、この2つを満足したい」

このように思うのであれば、

・Apple StoreでiPhoneを購入する
・格安simの端末補償サービスに加入する

この組み合わせがおすすめです。

Apple storeでiPhoneを購入します。これで1年間の保証が付きます。さらにApple Careに加入すれば2年の保証が付きます。

また、格安simの端末補償サービスに入っておきます。

これで、修理の時などに安い費用で対応してもらえます。

ある程度のコストがかかりますが、大手キャリアの利用料金を考慮すれば、この方が安くなります。

また、上記2つの組み合わせのどちらか1つでもある程度の安心感は得られます。

端末補償サービスは安心感を得たい人のためのもの

私は、端末補償サービスに加入してません。

その理由は、スマホが壊れたり、故障したりして使えなくなったら、買い換えてしまうつもりだからです。

つまり、最初から端末補償を必用としてないのです。そのため、高価なスマホは購入しません。

高価なスマホだと壊れても修理して使いたいって思ってしまうからです。

あまり安いスマホだと心配ですが、ミドルクラスのスマホであれば、そこそこ使えて壊れても買い換え時の負担が少なくて済みます。

結局、端末補償サービスってスマホが壊れたり不具合が生じても、使い続けたい人のためのものだと思います。

また、使っていて安心感を得たい人のためのオプションという意味合いもあります。

まとめ

スマホが壊れた時のサポート体制が整っているの格安simは、調べてみると結構あります。

すべての格安simの中では一部だけですが、格安simの中である程度の契約数を得ているところは、たいてい端末補償サービスを扱っていると考えていいです。

心配な人は加入しておくといいでしょう。特にスマホをよく落としてしまう人は必須かもしれませんw。

ただし、加入するとコストがある程度かかりますので、その点は納得しておく必用があります。

関連記事