5万円

格安simへの乗り換えを検討する人の多くは

「通信料金を安くしたい」

ということが目的かと思います。

でも、実際にどれぐらいお得になるのかが気になるのではないでしょうか。

今回、どれぐらいお得になるかを計算してみます。

格安simは年間で5万円以上もお得になる

大手キャリアを利用している人の契約内容はいろいろです。

しかし、一般的には、

・データ通信2GB:3800円/月
・かけ放題:2700円/月

とすると、月額6500円です。

当然、かけ放題を使ってなくてデータのみの人もいますが、そのような人はデータ通信費用が高くなるので、やはりこれぐらいの金額になります。

もし、大手キャリアから格安simに乗り換えると、

<通話が多い人>

・データ通信2GB:1600円/月
・かけ放題:600円/月

合計で月額2200円

したがって、大手キャリア利用時との差額は月に4300円

年間での差額は、4300×12=51600円

<通話が少ない人>

・データ通信2GB:1600円/月
・従量課金:100円/月

合計で月額1700円

したがって、大手キャリア利用時との差額は月に4800円

年間での差額は、4800×12=57600円

どうでしょうか?

大手キャリアから格安simにすると、年間で5万円以上通信費用が下がります。

これだけ安くなると、大手キャリアを利用するのはバカらしくなるのではないでしょうか^^。

格安sim契約者数は1000万人以上

通信費用が安いために格安simの利用者は年々増え続けてます。

なんと現在は、1000万人を超えるほどです。

やはり大手キャリアだと月に6000円とか7000円とか、かなり高額なので格安simに切り換えて、通信費用を節約したいという人が多いのです。

一方、大手キャリアや格安simへの対抗措置として通信費用を下げたり、キャンペーンを拡大したり、サブブランドの通信費用を格安simと同程度にするなどしています。

これにより、格安simの普及は鈍化してきていますが、それでも格安simの利用者は徐々に増えていくと予想されます。

総務省は、格安simの普及を促進しようとしていますので、格安simの通信費用がさらに安くなるような施策をしてくると予想されます。

一方、格安simの方もいろいろな工夫をすることで、さらに契約者数を延ばす試みを増やしています。

今後も、大手キャリアと格安simの競争は激化するでしょうね。

格安simの通信速度はそれなりです

格安simのデメリットとしてよく言われることの1つが

・通信速度が遅い

ということです。

確かに大手キャリアよりは遅いです。

特に日中のお昼とか通勤通学の時間帯には、利用者が増えるため遅くなります。

しかし、通信料金が安いのですからそれは致し方ありません。

逆に言えば、通信料金が安いのだから通信速度も遅いのが当たり前と考えた方がいいです。

しかし、混雑の時間帯はそれほど多くはありません。ですのでこの時間帯を避ければ、ほぼ快適にインターネットができます。

また、たとえ混雑している時間帯であっても、利用するデータ量が少ないような操作、例えば、メールを見るとか、LINEでのチャットぐらいであれば、それほど遅くは感じません。

格安simの通信料金をさらにお得にするカウントフリー

スマホでSNS

カウントフリーとは、特定のサービスを利用する場合には、データ量が減らない仕組みです。

そのため、カウントフリーを利用することで、安い通信料金でいろいろなサービスを利用することができます。

カウントフリーの対象サービスの主なものは、

・SNS
・エンタメ
・ゲーム

です。

多くの人は、これらを長時間使うと思うので、これらがカウントフリー対象だと、大容量のデータプランと契約しなくても済みます。

結果的に、通信料金を節約することができるです。

まとめ

現在、大手キャリアを利用していて月に6500円以上、通信料金がかかっているのであれば、格安simにすることで、年間で5万円以上の節約が可能となります。

これだけあれば、自分の好きな服を買ったり、家族で食事に出かけたり、旅行にをすることもできます。

逆に言えば、今までの大手キャリアの通信料金がべらぼうに高いってことです。

大手キャリアの本社ビルを見てみるとわかりますが、とても立派でどでかいです。

いかに儲かっているかがわかりますよね。

さらに大手キャリアに儲けさせるのが嫌なら格安simにさっさと乗り換えましょう(*^o^*)。

関連記事