スマホを操作する

大手キャリアを利用していて、格安simを利用したい時に手軽なのが、

格安スマホと格安simのセットです。

同じ会社から一度で購入できるので手間がかからないし、わかりやすいですしね。

ちなみに私は、

・スマホをアマゾンで購入
・格安simは、公式サイトで購入

しました^^。

格安スマホ音声プランのセットで、一番人気のプランは何?

価格.comのサイトで、人気のプランがどれかを調べてみました(2018/1/10現在)。

ベスト3の結果はこちら。

1位:BIGLOBEモバイル「HUAWEI P10 lite タイプD 3ギガプラン(3GB/月・音声通話)」
2位:楽天モバイル 「HUAWEI P10 lite 通話SIM 3.1GBプラン」
3位:楽天モバイル 「AQUOS sense lite SH-M05 通話SIM 3.1GBプラン」

人気ランキングの20位までの結果はこちら(クリックで拡大)。

格安スマホセットの人気ランキング

人気のスマホ端末は、

・HUAWEI P10 lite
・AQUOS sense lite SH-M05
・iPhone SE 32GB
・HUAWEI nova lite
・HUAWEI Mate 10 Pro

などです。

何と言っても端末に関してはHUAWEIの強さが際立っています。

中国メーカーですが、品質は問題ありません。しかも、日本製よりもコスパが高いです。

プランについては、1位はBIGLOBE mobileです。ドコモ回線、au回線どちらも選べるし、YouTubeが使い放題になるエンタメフリーはYouTubeをよく利用する人にとっては魅力的です。

それにBIGLOBE mobileは、キャッシュバックの金額が高いです。これも選ばれる要因の1つでしょうね^^。

格安simでシェア首位の楽天モバイルのプランは、2位と3位ですので楽天モバイルの人気は相変わらず高いようですね。今年も首位を突っ走りそうです。

あとauのサブブランドであるUQ mobileのプランが4位。通信速度の安定度と速さはピカイチですから、人気があるのもうなづけます。

格安sim会社としては、BIGLOBE mobileと楽天モバイルの2社がとても人気が高いようです。

私が注目しているのは、mineoです。

「HUAWEI P10 lite auプラン(Aプラン) デュアルタイプ(3GB) 090音声通話付」

というプランが11位になっています。

mineoは、マイネ王という仕組み(スタッフブログ、Q&A、掲示板、フリータンクなど)が用意されているのがとてもいいです。

ユーザー同士のやり取りが簡単にできるので、ここで格安simやスマホについての知識を蓄えたり、わからないことや困ったことがあっても解決できます。

今のところ格安sim会社の中で、こういう仕組みはmineo以外にはありません。

*マイネ王は、mineoユーザーでなくても参加できます

今、私が格安simに乗り換えるとしたらどこにするか?

私はすでにNifmoを使っていてすぐ他の格安simに乗り換える予定はないです。

しかし、もし他の格安simに乗り換えるとしたら、

・mineo
・BIGLOBE モバイル

このどちらかですね。

両方とも通信速度も安定しているし(昼間は遅くなりますw)、私が利用する上で不満はほぼありません。

mineoがいいのは、先ほど書いたマイネ王があったり、フリータンクの仕組み、スタッフの対応です。

ユーザー目線のサービスがとても好感が持てます。

BIGLOBE モバイルがいいのは、乗り換える場合のキャッシュバック金額の高さ、そしてオプションサービスが充実している点です。

ちなみに、どちらの格安simもドコモ回線、au回線が選択できます。

一時、au回線にしたほうが通信速度が速かったんですが今は回線増強や利用者数の変化により、必ずしもau回線の方が速いわけでもなくなっています。

個人的にはやはりドコモ回線の方を選びます。理由は端末の選択肢が広いからです。

auがファーウェイ端末を発売する予定

意外かもしれませんが、auは今までファーウェイ端末を発売してませんでした。

しかし、今月末、「HUAWEI nova 2」を発売する予定です。

HUAWEI nova 2 HWV31

特徴は

・ダブルレンズカメラ搭載
・女性でも持ちやすい薄さと幅
・便利な急速充電
・独自のチューニングの立体サウンド

ファーウェイ端末はドコモでは販売されていたことがありますが、その他はほとんどないです。

大手キャリアはたいてい自社で仕様などを決めて、それをメーカーに作ってもらっています。

しかし、auの今回のモデルに関しては元々あるファーウェイ端末を日本向けにしたもののようです。

だから、ワンセグやおサイフケータイ、防水や防塵などは一切ありません。

これにより、開発期間の短縮、コストの削減などが実現されています。

auとしても端末価格を安くすることで、低価格志向のユーザーを取り入れたいのだと思います。

今、日本でのシェア1位の端末はアップルのiPhoneです。

確かに性能もいいし、使いやすいです。

しかし、価格があまりにも高いですw。

今のようにスマホの進化が早い時代なら、2年ごとぐらいに端末を買い換えたいところですから、iPhoneだとこれが難しいです。

一方、ファーウェイが販売しているミドルクラスの端末(2万円前後で購入できるスマホ)なら2年ごとの買い換えるとしても何とかなるかなって思えます。

まとめ

格安スマホ音声プランのセットですが、これから大手キャリアからの乗り換えを考えている人には魅力的かなと思います。

ただ、別の選択肢としておすすめは、

・simフリースマホを通販サイトなどで購入し、simカードを格安sim会社から購入

です。

実はこれ、私がauから乗り換えた時のやり方ですw。

これがいいのは、

・選べるスマホの選択肢が広いこと(最新のiPhoneやXperiaも購入可能)
・安い価格でスマホが購入できること

です。

注意する点は、購入する店舗は信頼できるところを選ぶってことです。

特に個人とか海外サイトから購入する場合は注意が必要となります。

関連記事