FREETEL

実はフリーテルには大きな変化がありました。

プラスワン・マーケティング株式会社が運営するMVNOであるフリーテルは、先日(2017/9/26)、楽天に身売りされることが決まりました。

11/1から正式に楽天になるようです。

当社は、平成29年9月25日開催の取締役会において、会社分割の方法を用い、当社が営む国内MVNO事業を、平成29年11月1日付(予定)で楽天株式会社(以下、「楽天」という)に承継(以下、「本取引」という)することを決議し、本日平成29年9月26日に楽天と合意したためお知らせします。

現在フリーテルを利用している人は、心配かもしれませんが、そのままの契約で継続されますので大丈夫です。

逆に、現在、格安sim会社の中でトップシェアの楽天が母体となることで、かえって安心感が増すのではないでしょうか。

フリーテルってどんな格安simなの?

FREETELとは?

フリーテル(FREETEL)は、プラスワン・マーケティング株式会社が展開するMVNOのブランド名です。

佐々木希さんや高田純次さんのCMで有名です。

フリーテルの特徴はこちらです。

概要

・ドコモ回線系の格安sim
・格安simと格安スマホの購入が可能
・「格安SIMアワード 2016 顧客満足度調査」の総合満足度部門で最優秀賞受賞

プラン、サービスについて

・データプラン、データ+SMSのプラン、データ+SMS+音声のプラン
・料金プランは2種類(使った分だけ安心プラン、定額プラン)
・「使った分だけ安心プラン」から「定額プラン」への変更可能
・「スマートコミコミ+」⇒スマホ本体、通信量、10分かけ放題サービスのセット
・データのくりこしと 追加チャージに対応
・3種類の通話かけ放題(1分:299円、5分:840円、10分:1499円)
・SNSが無料(LINE、WhatsApp、WeChat、twitter、facebook、Messenger、Instagram)
*「使った分だけ安心プラン」と「定額1GBプラン」は最初の3つだけ

購入、サポートについて

・自宅に居ながら申し込み可能(本人確認は配達員が行う)
・最短、当日発送(午前11時までの手続き終了の場合)
・購入して1年以上経過したら、残金なしで最新機種に機種変更が可能(破損もOK)
・相談電話(03-6833-8817、年中無休9:00-14:00 15:00-18:00)

フリーテルの速度はどうなのか?

回線速度については、測定する時期、時間、場所などによりばらつきがあります。

あるサイトの2016/8/15の記事の中の回線速度の計測結果がこちら。

FREETELの回線速度

これを見ると、FREETELの平均速度はトップになっています。

一方、別のサイトでの記事がこちら。測定日は2017/9/6です。

FREETELの回線速度

フリーテルは、特に遅いというわけではありませんが、一番早いわけではありません。

他にもいろいろなサイトで、格安simの速度を比較しているのですが、はっきり言ってバラバラですw。

1つだけ言えるのは、

大手キャリアの速度 > 格安simの速度

ということです。

「できれば早く速度の格安simがいい」

「速度が極端に遅い格安simは嫌だ」

「…」

購入する格安simの速度に関しての望みはあると思いますが、はっきり言って

「利用してみないとわからない」

というのが正しいところです。

FREETELの速度について言えることは、

「混雑時は速度が遅いこともあるが、他の格安simと比べて極端に劣っているわけではない」

ってことです。

フリーテルの使い勝手

普通の使い方をする人なら、大きな不満点はないと思います。

フリーテルは結局、ドコモ回線ですから、問題があるわけないんですけどね。

ただし、格安simの宿命なのですが、混雑時に速度が遅くなったり、回線がつながりにくくなることはあります。これはフリーテルだけの問題ではなく格安simであれば皆同じです。

あとはサポート。

サポートは電話とチャットとウェブ問い合わせです。店舗がないので、直接、手取り足取り教えてもらえることは無理です。

なので、大手キャリアに比べると劣っています。しかし、これは、ほとんどの格安simも同じです。

まとめると、

「フリーテルの使い勝手は並以上、サポートは並み以下」

です。

フリーテルについて思うこと

格安simの購入先として、フリーテルはどうかを考えてみます。

まず気になるのが、楽天に買収されたってことです。

正式には11/1から経営が楽天主導になるわけですが、フリーテルの契約プランがどうなるかがわかりません。今のところ、継続されるとアナウンスされてますが…。

しかし、いつかはフリーテルブランドはなくなり、楽天モバイルに一本化されるんではないでしょうか。

そうなると、結局、フリーテルの契約プランから、楽天モバイルの契約プランへの変更を余儀なくされます。

こう考えると、いずれ楽天の契約プランになっても構わないと思うなら、フリーテルと契約するのはありです。

一方、現在フリーテルを契約している場合。いずれ楽天モバイルと統合される可能性は否定できません。

楽天モバイルと契約してくないなら、フリーテルを解約して他の格安simに変えるという選択肢もあります。

あと、回線の方ですが、楽天モバイルもフリーテルと同じドコモなので、回線の管理を楽天モバイルが行ったとしても問題は特にないはずです。

ただ、今後の状況がどうなるかわかりませんので、楽天モバイルやフリーテルの発表に注視していくことは必要です。

まとめ

以前にも記事に書きましたが、格安sim業界は競争が激しいです。

格安sim会社がとても多いので、今後もフリーテルのように身売りしたり、撤退を余儀なくされる会社も出てくるでしょう。

ですので、格安sim会社と契約をするなら、母体が安定しているところのほうが無難かもしれません。

格安simの経営は大手キャリアよりも低コストでできますが、それなりのお金が必要になります。だから、資本があまりない会社だと、経営が厳しいと思いますから。

今回フリーテルは楽天に身売りをしたので、かえってよかったと思います。

もし、身売り先がなければ、契約してた人は、難民化してしまい電話やネットができなくなっていたかもしれません。

まあ、総務省はその辺もしっかり考えてセーフティーネットは用意しているはずですけどね(*^o^*)。

関連記事