インターネット

格安simって通信料金がとても安いです。

もし、これを宅内のインターネット回線としても利用できたら、いいですよね。

実際に運用できるかどうかについて、私の考えをお話しします。

宅内のインターネット回線を格安simにするのはあり?

インターネットをいつでもどこでも利用したい。

誰でもこう思いますよね。

1つのやり方としては、

・自宅は光やADSL回線を利用
・自宅外(スマホ)は、大手キャリアか格安simを利用

です。

私も上記のパターンです。

ただ、通信コストをもっと安くしようとしたら、格安simだけを使うという方法があります。

その方法は、

・LTE対応のモバイルwifiルーター+格安sim

の組み合わせで、自宅内にインターネット環境を構築することです。

家族がいるなどで、自宅と外で同時にインターネットが利用したいならば、格安simを2枚購入すればいいだけです。

ただし、自宅の方の格安simは、場合によって使い放題のプランにする必用があるかもしれません。

なぜなら、自宅でのインターネット利用はモバイルよりも増えることが多いからです。

LTEの使い放題のプランがあるのは、

・U-mobile データ専用使い放題プラン 2480円(税別)/月
・DTI データ専用使い放題のプラン 2200円(税別)/月
・ピクセラモバイル 1980円(税別)/月

ただし、これらはみな使い過ぎることでなんらかの通信制限があります。

ですので使い方によっては、ストレスを感じる可能性があります。

LTE対応の通信回線なら、無制限ではないですけど以前紹介したFUJI Wifiがいいかと思います。

25GBのプランで、2500円(税別)/月です。

これぐらいの容量が使えるなら、ほぼ使い放題と同じでしょう。

FUJI Wifiもやはり速度制限はありますが、動画しか見ないような使い方で、1日8時間以上使うような使い方でないなら、大丈夫かと思います。

最もコスパがよい宅内のインターネット回線とは?

宅内用のインターネット回線でコスパが最強なのは、なんといってもADSLです。

将来はなくなると言われていますが、それまではADSLを使えばいいかと思います。

ADSLがなくなったら、

・光
・LTE
・Wimax

の3つから1つを選ぶことになります。

ただ、固定の電話回線を残したいなら、光しか選択肢がありません。

しかし、いまだに利用料金は一軒家だと月に5000円ぐらいかかります。

あまりネットを利用しないなら、この料金負担はかなり重いものです。

今後のインターネット回線環境について

今やインターネットは電気、ガス、水道などのインフラと同様になくては、ならないものになっています。

そのため、誰もが使える、使いやすい価格設定が望まれます。

我が家では電気、ガス、水道、ネットの基本インフラで一番高いのは、電気です。その次がネットになっています。

インターネットがない時代と比べると、家計への圧迫は相当なものです。

個人的には、インターネットはすべて無料になって欲しいですね。

そうなれば、ネット利用はさらに進むし、家計への負担も減ります。

今、携帯キャリアは儲け過ぎです。

携帯電話大手の従業員の給与がこちら。

1位 KDDI 904万円
2位 NTTドコモ 807万円
3位 SoftBank 680万円

詳細こちら(クリックで拡大)。

携帯電話業界の平均年収ランキング

携帯会社は高収益を上げているため、年収も他の業界に比べ高くなっています。

まとめ

格安simを宅内のインターネット回線として利用することは可能です。

しかし、通信速度が安定して速いわけではありません。

1日のうちで遅い時間帯があったり、月によって遅くなったり速くなることもあります。

ですので、自宅でたまにネットをするぐらいならいいでしょうが、仕事で使うなど頻繁に自宅でネットをするのには適していません。

このような場合は、ADSL、光などのほうがいいでしょう。

関連記事