ネットワーク利用制限

新品のスマホは当然ながら価格は高いですよね。

なので、中古スマホの購入を検討している人も多いのではないでしょうか。

私もiPhoneが高いので中古で購入したいなって思ってますw。

ただ、中古スマホを買う時に注意した方がいいことがあります。

その中古スマホは大丈夫?スマホのネットワーク利用制限について

中古スマホを買う時に注意しないといけないことがあります。

それは、「ネットワーク利用制限」です。

「それって何のこと?」

って人もいると思います。

普通にスマホを使っている分には聞くことがほとんどない言葉ですからね。

「ネットワーク利用制限」は、通話や通信などの利用が制限されるということです。

中古スマホの中にはネットワークの利用が制限されているものがあるのです。

もし、このようなスマホを購入してしまうと、スマホの中にsimを指しても一切ネットワークが利用できません。つまり、電話もインターネットもできないってことです。

ですので、ネットワーク利用制限があるスマホは購入してはいけないってことです。

ネットワーク利用制限されているスマホや携帯とは?

市場に出回っているスマホや携帯がネットワーク利用制限されるのはどのような理由からでしょう。

それは、

・盗まれたもの
・契約時の本人確認が偽造されていたもの
・端末代金が未払いのもの

などです。

ちなみに、ネットワーク利用制限がかかっているかどうかは、こちらでチェックできます。

・NTTドコモ
・au 
・ソフトバンク 

チェックするのに、IMEI(半角数字15桁)かMEID(半角数字14桁)を入力する必用があります。

* IMEI(端末識別番号)、MEID(移動機識別番号)

中古スマホの場合、IMEIかMEIDが示されています。

もし、示されてない場合は売り主に問い合わせるようにします。

また、教えてもらえないなら買わないほうが無難です。

上記サイトで、チェックすると、○(ネットワーク利用制限なし)、×(ネットワーク利用制限あり)、△(ネットワーク利用制限なしだがありになる可能性あり)のいずれかになります。

ここで△は、端末代金の支払いが終わってない場合に出ます。もし、支払いが終わってしまえば○になりますが、全額払われないなら×になります。

中古スマホを買う場合、○になるかどうかを事前にチェックしておくと安心ですね。

ちなみに、中古スマホショップでは○だけでなく△のものも売られていて価格は○よりも安いです。ただし、△の端末を買うと上記のようなリスクがあることを理解しておかないといけません。

すでに購入した端末のIMEIやMEIDの確認方法

今、所有しているスマホや携帯電話のIMEIやMEIDはどうすれば確認できるでしょう。

スマホの場合、メニューの設定の中の端末情報の中に記載されてます。

また、携帯(スマホでも)の場合、電話番号の発信画面において「*#06#」(「と」の間の記号と数字)を入力すると、IMEIが表示されます。

simが2枚刺せる場合には番号は2つあります。

ちなみに私のスマホ(Huawae P9-lite)でIMEI番号を確認すると下記のようになっています。

IMEI

まとめ

中古スマホを買う時には必ずIMEIやMIEDによりネットワーク利用制限がないかをチェックするといいでしょう。

まあ、ちゃんとした中古スマホショップなら、チェック済みですけどね。

特に注意しないといけないのは、ヤフオクやメルカリなどで個人から購入する場合や有名でない中古スマホショップから、中古スマホや中古携帯などを購入する場合です。

IMEI番号を必ず教えてもらい、チェックしておかないといけません。

もし、端末購入後に教えてもらった番号が違っていたらすぐに返品し返金してもらうようにします。

犯罪などに使われた端末だったりすると、あとで面倒なことになりかねませんからね。

中古スマホや携帯は、安く購入できるのでメリットがありますが、一方でネットワーク利用制限のようなデメリットがある場合もあるので購入時、気を付けてください(*^o^*)。

関連記事