ソフトバンクの動画SNS放題

ソフトバンクが9/6からスタートした『動画SNS放題』。

これは、3つのSNSと5つの動画に対してカウントフリーにするというものです。

「お、これはよさそう」

と思ったでしょうか?w

うーん、でも本当にそうなのでしょうかねぇ^^。

ソフトバンクの動画SNS放題はお得なのか?

ソフトバンクの動画SNS放題とは、正式名が

・「ウルトラギガモンスター+(プラス)」

と言います。

これは、

・毎月50GB
・対象の動画やSNSはカウントフリー

という定額サービスです。

カウントフリー対象となる動画とSNSはこちら。

動画とSNS

・動画 ⇒ YouTube、AbemaTV、TVer、GYAO!、HULU
・SNS ⇒ LINE、Instagram、Facebook

料金体系はこちら(画像クリックで拡大)。

「ウルトラギガモンスター+(プラス)」月額料金

3480円~(2018/11/30までは2480円)といううたい文句ですが、3480円にまで安くなるのは4人以上で使い、光回線を利用する場合です。

条件が厳しいし一人暮らしが増えている昨今、利用人数が少ない世帯には魅力的なプランではありません。

このプランのメリットは従来のウルトラギガモンスターよりも割安なこと、また、動画とかSNSのカウントフリーがあることぐらいです。

だから、このプランはあまり人気が出ないと思います。

ただ、このプランにより従来のプラン

・スマ放題「通話定額プラン」
・スマ放題ライト「通話定額ライトプラン」、「おてがるプラン」

が2018年9月5日以降、新規受付が終了となっています。

なので、選ばざるを得ない人も出てくるのではないでしょうか。

段階制定額プラン「ミニモンスター」

「ウルトラギガモンスター+(プラス)」と同時に新たに提供されるサービスとして、

・「ミニモンスター」

というサービスがあります。

「ミニモンスター」は、毎月のデータ使用量に応じて4段階の定額料が自動的に適用される料金サービスです。

つまり、使った分だけお金が取られるってことです。

料金体系はこちら(画像クリックで拡大)。

「ミニモンスター」月額料金

一見かなりお得に見えますが、やはり光回線と込みだと安くなるので、光回線利用者だけお得になるプランです。

結局、「あーあ」って感じですw。

大手キャリアよりもやっぱり格安sim

大手キャリアも総務省からあれこれ言われて新しいプランを出さざるを得ないのでしょうけど、結局、多くの人にとっては魅力的なプランではありません。

データ利用料金が安くなったり、カウントフリーになるなどのメリットがある一方で、光回線など特定のサービス利用者だけにしか、大きなコストダウンメリットがないのです。

これなら、格安simとか使い放題のLTE SIMの方がよほどお得感があります。

大手キャリアを利用するメリットは、新しいiPhoneとか購入する時ぐらいでしょうかね。

この場合、端末代が安くなりますからw。

それにしてもプランが数年ごとに変わるのは、利用者から見るとなんともわかりづらいですね。

このようにプランがちょくちょく変わるのは、それだけしっかりと考えられたプランになってないってことです。

格安simの方のプランの方がよほどわかりやすいです^^。

まとめ

ソフトバンクの動画SNS放題、格安simでおなじみのカウントフリーを導入したという点では画期的なことと言えます(格安simでは珍しくないですが)。

ただし、特定の人にしかメリットがないのが最大の弱点。

このプランの利用者がどれだけいるかなって感じがします。

コスパだけを考えるなら、

・スマホはsimフリースマホを購入
・契約は格安simからLTE SIM使い放題

にする方がいいでしょうね。

もっと利用者に寄り添ったサービスを提供する会社が出てくると嬉しい(*^o^*)。

関連記事