スマホを操作する

「スマホでインターネットを使っている」

といっても使い方は人ぞれぞれです。

ゲームばかりしている人もいるし、主にYoutubeなど動画を見ている人もいます。

格安simに乗り換える場合、ネットの使い方により格安simの選び方も変わってきます。

LINE、Twitter、Youtubeをよく利用するなら、どの格安simがいいのか?

スマホで若者がよく利用するのは、

・LINE
・Twitter
・Youtube

かと思います。

もし、この3つを主によく利用するのであれば

LINEモバイルかBIGLOBE Mobileのどちらかがおすすめです。

LINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイルなら、「コミュニケーションフリープラン」を利用すれば、LINEとTwitterがカウントフリーになります。

* 「コミュニケーションフリープラン」でカウントフリーとなるサービスは、LINE、Twitter、Facebook、Instagraの4つ

「コミュニケーションフリープラン」の通信料金はこちら。

<データSIM>

・3GB 1110円/月
・5GB 1640円/月
・7GB 2300円/月
・10GB 2640円/月

<音声通話SIM>

・3GB 1690円/月
・5GB 2220円/月
・7GB 2880円/月
・10GB 3220円/月

* いずれも税抜き

BIGLOBE Mobile

BIGLOBE Mobile

BIGLOBE Mobileなら、「エンタメフリー・オプション」を利用すれば、Youtubeがカウントフリーになります。

* 「エンタメフリー・オプション」でカウントフリーとなるサービスは、
Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotify、AWA、radiko.jp、Amazon Music、U-NEXT、YouTube Kidsの10個

「エンタメフリー・オプション」は、すべてのプランに付けられ、料金は

・音声通話sim 480円/月
・データsim 980円/月

* いずれも税抜き

カウントフリーでもすべてカウントフリーとならない?

「カウントフリーだから、どんなことでも使い放題になる」

こう思っていたら大きな間違いです。

カウントフリーであってもカウントフリーの対象外となってしまう場合もあります。

LINEのカウントフリー対象について

<LINE>

1、トーク機能の利用

・テキストおよび音声メッセージの送受信
・スタンプ・画像・動画・その他ファイルの送受信
・無料通話・ビデオ通話

2、タイムライン機能の利用

・画面表示・投稿(画像・動画含む)

3、ニュース機能の利用

・「ニュースタブ」画面の表示(画像・動画含む)

4、その他

・スタンプ・着せ替えのダウンロード
・「設定」に関わる利用
・友だち一覧画面の表示、友だち追加
・「ウォレットタブ」画面の表示

例えば、外部リンクへの接続やライブストリーミング動画(LINE LIVE機能)やLINEが提供するアプリ以外のアプリサービスやウェブサービスはカウントフリー対象外となります。

<Twitter>

・タイムライン画面の表示・投稿(画像・動画含む)
・「ホーム」「ニュース」「通知」の画面表示
・メッセージ機能の利用
・プロフィールの編集

<Facebook>

・タイムライン/ニュースフィード画面の表示・投稿(画像・動画含む)
・「リクエスト」「お知らせ」「その他」の画面表示
・メッセージ機能の利用
・プロフィールの編集

<Instagram>

・タイムラインの画面表示・投稿(画像・動画含む)
・ストーリーの画面表示・投稿(画像・動画含む)
・検索画面での検索・検索結果表示(画像・動画含む)
・アクティビティの画面表示
・ダイレクトメッセージの利用
・プロフィールの編集

Twitter、Facebook、Instagramの3サービスに対しても外部リンクへの接続は、カウントフリー対象外です。

また、Facebookの Facebook LiveとMessengerもカウントフリー対象外です。

さらにTwitterのライブストリーミング動画(Periscope)もカウントフリー対象外です。

BIGLOBE Mobileのカウントフリー対象について

動画・音声の再生がカウントフリー対象になります。

ただし、一部の利用環境においては動画・音声の再生は対象外です。

また、対象サービスのWEBサイト上またはアプリ上での検索、画像、広告等の表示、SNS等への投稿など、動画・音声の再生以外にかかる機能は、カウントフリー対象外になります。

さらに、画質や音声の品質は、ある一定水準以下に落とされます。

つまり、大画面で見る場合には適さないということになります。

・YouTube:画質 自動設定または360p以下
・AbemaTV:画質設定 最低以下
・Google Play Music:ストリーミングの質 標準以下
・Apple Music:推奨品質の指定なし
・Spotify:音質 標準音質以下
・AWA:ストリーミング音質 Normal以下
・radiko.jp:推奨品質の指定なし
・Amazon Music:ストリーミング音質 低以下
・U-NEXT:画質 最低画質]
・YouTube Kids:画質 自動設定

まとめ

主にLINE、Twitter、Youtubeを利用する場合、おすすめの格安simは、

・LINEモバイル
・BIGLOBE Mobile

この2つのどちらかです。

まずは、月にどのぐらいの通信データ量を使っているかをチェックして、

LINE+Twitterの通信データ量 > Youtubeの通信データ量

であれば、LINEモバイルを選び、逆に

LINE+Twitterの通信データ量 < Youtubeの通信データ量

であれば、BIGLOBE Mobileを選べばいいと思います(*^o^*)。

関連記事