月額利用料

格安simに乗り換えたい理由は、

「できるだけ費用を安く抑えたい」

ということだと思います。

ネットを使う人が多いでしょうけど、中には通話をメインにしている人もいます。

通話を主に使う人は、格安simを利用するメリットはあるのでしょうか?

格安simは、通話で3000円以内に抑えられる?

以前、書いた記事「通話料定額(かけ放題サービス)がある格安sim」で紹介した「OCN モバイル ONE」の「OCNでんわ」かけ放題オプションを利用すれば、

かけ放題サービスのトップ3(上位3つの番号のみ)が、850円(月額)です。

音声対応のsimが、1600円なので、合計すると月額費用は

=2450円(税抜き)=2646円(税込み)

となり、3000円以下でかけ放題サービスを利用できます。

また、かけ放題サービスのダブル(上位3つの番号はかけ放題無制限、その他は10分)を利用すると

=2900円(税抜き)=3132円(税込み)

です。

3000円をオーバーしますが、大手キャリアよりはずっと安くなります。

また、「もしもシークス」の「かけ放題サービス(無制限)」なら、月額費用は

980円(基本料)+1800円(かけ放題フル)+600円(1GB)

=3380円(税抜き)=3650円(税込み)

で完全かけ放題になります。

個人的には電話かけ放題にしたいなら、大手キャリアのガラケーのかけ放題にします。

なぜなら、その方が安くなるからです。かけ放題サービスは2200円(税抜き)になり、これに従量制のデータプランを付けて利用すれば、auなら2200円しかかかりません(LTE NETオフ、ユニバーサル量は別途必要、)。

通話品質が悪くてもいいなら、IP電話という手も

IP電話を利用してもいいなら、そのほうがもっと安くなります。

ただし、通話品質は悪くなってしまうのは覚悟しないといけません。

たとえば、TONEモバイルであれば、IP電話かけ放題のオプションがあり、月に500円で利用できます。

ただし、相手がTONE同士、相手がIP電話じゃないと無料になりません。

一般電話は13円/3分、携帯電話は1分/21円かかります。

また、イオンモバイルなら、かけ放題のオプションが、1500円です。

なので、データ1GBプラン(480円)と合わせると月額費用が

480+1500=1980円でIP電話の電話かけ放題になります。

固定電話、携帯電話、IP電話への通話が無料です。しかし、海外や緊急電話には発信できません。

緊急電話にも発信したいなら、音声500MBプラン(1180円)にすれば、月額費用が

1180+1980=3160円(税抜き)=3413円(税込み)

となります。

まとめ

「iphoneで格安simを使って通話メインで月額3000円に抑えられるのか?」

この問いの答えは、「条件しだいで可能」です。

ただし、個人的には、IP電話はおすすめしません。音質がよくないのできっと満足できないと思います。

私なら、「OCN モバイル ONE」のかけ放題サービスのトップ3にします。

かけ放題なのは、3つの電話番号だけですが、一般的にこの3つで十分足りるだからです。

また、このプランならコストも3000円以下におさまります。

iPhoneに限定しないなら、ガラケーのかけ放題サービスにして、スマホはデータ専用にします。

なぜなら、そのほうがコスパがよいからです。

ただ、今後新しいプランはどんどん出てきます。なのでもっと通話かけ放題サービスでコスパがよいものは出てくるかもしれません(*^o^*)。

関連記事