wifi

ポケットwifiとは、「外で動画をかなり見る場合は格安simとwifiのどちらと契約したほうがいい?」という記事で書いたように、モバイルwifiルーターのことです。

モバイルwifiルーターには、WiMAXと使ったものと、LTE回線を使ったものがあります。

WiMAXは、wifiと似ていますが利用する周波数や到達距離が異なります。WiMAXは、主に中距離の通信に用いるために作られた規格です(wifiは短距離)。

ポケットwifiと格安simならどちらが、安いのか?

ポケットwifiルーター

ポケットwifiですが、言葉の定義が複数あります。

<定義1>
ポケットwifi=モバイルwifiルーター=LTEとWiMAXを使ったwifi通信

<定義2>
ポケットwifi=Y!mobileのモバイルwifiルーター=LTEを使ったwifi通信

さて、「ポケットwifiと格安simならどちらが、安いのか?」

この問いなのですが、定義1の意味にしても定義2の意味にしても、矛盾があり意味が通りません。

たぶん、この問いの意図は、

「Y!mobileのモバイルwifiと格安simのモバイルwifiではどちらが安いか?」

または、

「WiMAXのモバイルwifiと格安simのモバイルwifiでは、どちらが安いか?」

のどちらかだと思います。

Y!mobileのモバイルwifiと格安simのモバイルwifiではどちらが安いか?

この問いの答えは、「格安simのモバイルwifi」となります。

これは、結局「Y!mobileと格安simではどちらが安いか?」という質問をしていることと同じになるからです。

モバイルwifiルーターを利用したい場合、モバイルWi-Fiルーター本体は基本的に購入することになります。

これは、Y!mobileを利用するにしても、格安simを利用するにしても同じです。

では、実際に通信料金を比べてみます(格安simはDMM mobileとする)。

価格.comのポケットWiFi最安プラン比較および、格安SIMカード比較を見ると、

・Pocket WiFiプラン2 ライト データ容量5GB 2480円/月
・DMM mobile データSIMプラン 5GB 1306円/月

となります。

格安simは、Y!mobileのほぼ半額です。

WiMAXのモバイルwifiと格安simのモバイルwifiでは、どちらが安いか?

この問いの答えは、「格安simのモバイルwifi」となります。

WiMAXですが、料金体系がとてもわかりにくいです。なぜなら、キャッシュバックがあったり、期間限定で割引きなどがあるからです。

なので、これらを考慮すると、場合により見かけ上かなり安くなってしまうことがあります。

ですが、ここでは、あえて2年間を利用することとして、料金を比較してみます。

価格.comのポケットWiFi最安プラン比較および、格安SIMカード比較を見ると、

・GMOとくとくBB WiMAX2+(通常プラン)【Speed Wi-Fi Next W04】 2,354円/月
・DMM mobile データSIMプラン 7GB 2,008円/月

DMM mobileの方が安いです。

GMOとくとくBBは、キャッシュバックを考慮した料金ですが、DMM mobileの通信料金はキャッシュバックを考慮してません。

DMM mobileは、価格.comからの申し込みで現金5,000円のキャッシュバックがあるので、これを考慮すると通信料金はさらに安くなり1800円/月ぐらいです(2年間の利用の場合)。

通信費用を節約したいなら、格安simを使った方がいい

上記の結果を見るとわかるように、移動体の通信料金は格安simが一番安いです。

これは、モバイルwifiルーターを利用する場合だけでなく、通信機能があるスマホやタブレットを場合も同様です。

格安simを利用するりも通信料金が安い手段は、無料の公衆無線LANや有料の無線LANぐらいでしょう。

ただし、無線LANは特定の場所に居続けないと使えません。ですので、移動する場合の最安の通信手段は格安simを利用することになります。

今回はモバイルwifiルーターを利用した時の比較をしましたが、スマホがあってデザリングが利用できれば、モバイルwifiルーターはなくても大丈夫です。

この場合、モバイルwifiルーターを購入しなくていいので、その分、安い費用でモバイル環境を構築できます。

また、モバイルwifiルーターを持ち運ぶ必要がないので楽です。

Wimaxの通信速度って実際どれぐらいなのか?

Wimaxは、よくLTEと比較されます。LTEとは、4G回線で大手キャリアや格安simの主要回線です。

ところで、Wimaxは、どれぐらいの通信速度なのか知ってますか?

Wimaxの通信速度(下り)ですが、理論上は

・WiMAX2+:220Mbps
・WiMAX:13.3Mbps

* LTEの最高通信速度は75Mpbs(理論値)

です。

ただし、実測値はここまで速くはないですw。

格安SIMとスマホ比較というサイトで、「BIGLOBE WiMAX 2+」の通信速度を測った結果を見ると、

・約10Mbps~22Mbps

になっています。

この程度の通信速度だと、格安simの通信速度よりも遅いこともあります。ただ、格安simは通信速度は安定してません。またお昼時(PM0:00~PM1:00ぐらい)は特に遅いです。

一方、Wimaxは、格安simと違い安定してかなり速い通信速度なので、利用していて不満が出ることはほぼないでしょう。

まとめ

モバイルwifiルーターを利用する場合、格安simがもっとも低コストになります。

ちなみにsimフリーのモバイルルーターで人気がある機種を調べたらHuaweiのモバイルwifiルーターでした。

E5577S ホワイト

スマホだけでなく、モバイルwifiルーターでもHuaweiは強いですねw。

今回調べてわかったのが、安いモバイル通信環境を手に入れるなら、格安simしかないということです。

Wimaxは全く興味がなかったのでここ最近、調べてませんでした。

もしかしたら、通信料金が安くなっているかなと思いましたが、やっぱり高いですw。

Wimaxは、3GやLTE回線に比べて圧倒的に利用者が少ないですから、安くするのは難しいのかなと思います(*^o^*)。

関連記事