審査

格安sim会社と契約する場合に必要なものは何か?

まずは、お金ですよねw。

お金がないと契約はできません。

しかし、ある意味、お金以上に必要なものがあります。

それは、「信用」です。

世間は「信用」がない人にはお金があっても商品やサービスを売ってくれないことがあるんです。

格安sim会社と契約する場合の審査について

格安sim会社と契約する場合に必要になるものは、こちら。

・本人確認書類
・クレジットカード

格安sim会社からの審査する項目は、明らかになっていませんが確認するのは、

・本人確認書類の審査 ⇒ 年齢など
・クレジットカード ⇒ 信用度チェック
・大手キャリアブラックリスト ⇒ 過去に料金滞納や不自然な契約などがあるかをチェック
・電気通信事業者協会ブラックリスト ⇒ 過去に不払いがあるかをチェック

です。

もし、この中で引っかかってしまうものがあると格安sim会社との契約はできなくなります。

本人確認書類の審査

本人確認書類は、免許証や保険証などの公の機関が発行している書類です。

これにより、本人の年齢がチェックされます(未成年は契約できない、または別途書類が必要)。

また、保険証などが発行されていたら少なくとも保険料を支払っていることで信頼されます。

クレジットカードの審査

クレジットカードがない場合、格安sim会社との契約は難しくなります。

この場合、クレジットカードではなく、デビットカードや銀行口座引き落としなどが可能な格安simであれば契約できる可能性があります。

ただし、氏名などから信用情報を調べられた時に契約できないと言われる可能性はゼロでありません。

大手キャリアブラックリストの審査

過去に料金滞納、踏み倒しで利用料金を払わなかったり、契約や解約を何度も行うことでキャッシュバックを得るなどしていることで、ブラックリストに載ります。

ブラックリストの載ると、再度契約しようとしても契約できなかったり、契約はできるが月賦払いができないことがあります。

電気通信事業者協会ブラックリストの審査

電気通信事業者協会では、過去に不払いがあった人の情報を協会内で交換しています(不払い者情報の交換)。

もし、この不払い者情報のブラックリストに載っていると、格安sim会社と契約できない可能性があります。

格安sim会社の審査

格安sim会社の審査ですが、大手キャリアよりは厳しくないと言われています。

大手キャリアは、歴史が長いためにその間に、多くの不払い者、不自然な契約者、携帯を使った犯罪者などと契約してきました。

そのため、審査はとても厳しくなっています。

一方、格安sim会社の場合はこのような歴史やノウハウがないため、審査体制も大手ほどは厳格ではないのでしょう。

ですが、格安sim会社にことごとく契約を断られた人もいるので、甘く見ない方がいいでしょう。

クレジットカードを持ってなくても格安sim会社と契約できるのか?

契約

格安sim会社は、基本的にクレジットカードがないと契約できません。

しかし、クレジットカード払い以外で通信料金を支払える格安sim会社であれば、契約できる可能性があります。

例えば、

・楽天モバイル
・mineo
・OCN モバイル ONE
・BIGLOBEモバイル
・UQ mobile
・ぷららモバイルLTE
・@モバイルくん
・ロケットモバイル
・LINEモバイル
・Tikimo SIM
・etc

です。

これらの会社での支払いは、デビットカード、銀行口座引き落とし、コンビニ払いとなります(LINEモバイルはLINE Pay)。

詳細は、格安simの公式サイトでチェックできます。

ただし、信用情報をチェックされてクレジットカード以外の支払いも拒否されてしまう可能性はあります。

格安sim会社と契約する場合、クレジットカードを作った方がいい

クレジットカード

クレジットカードがないと格安sim会社を契約できないわけではありません。

なぜなら、クレジットカード以外での支払いができる格安sim会社もあるからです。

しかし、すべての格安sim会社と契約できるわけではないので、制限されます。

ですので、格安sim会社と契約する場合、クレジットカードを作った方がいいです。

何らかの理由(ブラックリスト入りなど)でクレジットカードを持てない場合でも、作れる可能性があるクレジットカードがあります。

それは、

・ショッピング系のクレジットカード
・消費者金融系のクレジットカード

です。

今の時代、クレジットカード決済ができないと不便なことが多いです。

必ずクレジットカードが作れるとは限りませんが、試してみる価値はあります。

まとめ

どの格安sim会社と契約する場合でも審査はあります。

基本的に審査内容は公開されてませんが、

「ちゃんとお金を支払える人間かどうか」

ここがチェックされると考えればいいでしょう。

例えば、審査は

・働いてない人だったら支払えないだろうから未成年はダメ

・過去に支払いが滞っていたら支払えないだろうからダメ

・過去の何度も契約が短期間でまともに支払ってないからダメ

という感じです。

まあ、会社も慈善事業ではないのですから、当たり前のことですけどね。

あとは、犯罪の温床にならないことがチェックされます。

オレオレ詐欺とかいまだに被害がたくさんありますから、信頼できない人にはスマホを持たせたくないんです。

ただ、普通に生活している人であれば、格安simの審査に落ちることはまずないので、ご安心を!

関連記事